事故現場の再現

事故現場を再現する場合には、その現場をより早く、より迅速に記録することが肝心です。FARO の 3D レーザースキャナーを用いて、衝突事故の捜査官は膨大な量のデータを速やかに記録し、オフィスにバーチャルシーンを持ち帰ることができます。例えば車両変形分析のために、現場に残った証拠物件は複数の視点から、もしくはOEM CAD ファイルと比較したスキャンデータから分析されます。実際の現場をシミュレートするため、事故を再現したアニメーションが必要な場合もあります。

FARO の 3D レーザースキャン技術は、短時間で、優れた成果物を生成することによって、科学捜査専門家をサポートしています。

FAROパートナーの同済大学による 事故再現研究 自動車メーカーにおける安全性向上への貢献

教育・研究: 同済大学 自動車行程大学院 (中国・上海市)
通常、衝突事故を再現するための分析を行う場合、人・車・道路・環境の4 つの要素が含まれます。事故を正確に再現して調査するためには、迅速かつ徹底的に証拠を収集する必要があります。事故を正確に分析するうえで、正確で包括的なデータは欠かせません。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします