製造工程内検査

製造工程内での検査は従来、部品の表面検査や寸法検査をするために加工機から部品を取り外して、温度管理がされた検査室で行わなければなりませんでした。この作業には時間も費用もかかります。FAROのポータブル3次元測定器を製造ラインに取り入れると、この過程を合理化できます。 

測定アームのような、FAROの3次元測定器の携帯性により、製造ライン上、製造工程内、加工機上での検査を効率よく行うことができます。これにより、部品を製造する加工機で直接、一貫して正確な測定が可能となります。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします