受入検査

サプライヤーから届いた時点で公差外部品を見つけることで、企業は厳密な品質基準を確立・維持できます。総合的な受入検査プロセスを実施することで、公差外部品が組立ラインに届くことを防ぎ、コストがかかるスクラップや再作業が削減できます。

測定アームのようなFAROのポータブル3次元測定器を受入検査プロセスに統合することで、作業者はこれらの部品が仕様書やデザイン要件を満たしているかどうか、迅速かつ効率よく確かめることができます。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします