リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングは、部品または対象物を迅速にデジタル化し、サーフェスCAD モデルを作成することによって、製品を再現することです。

CAD データがない場合のCADデータの作成、また既設構造物を3Dデジタルドキュメント化する場合などに使用します。

FARO のポータブル3次元測定器や 3D デジタルドキュメント化 ソリューションによる非接触型 3D レーザースキャニングを用いることで、3D モデリングのプロセスすべてが一つの測定器で可能になります。FARO の非接触型測定ソリューションは、自動車インテリアのバーチャルシミュレーション、プラスチック製造におけるラピッドプロトタイピング、および航空宇宙アセンブリー内の複合体表面検査など、さまざまなリバースエンジニアリング用途に最適です。

FARO Design ScanArmにより、デジタルモデリングの効率化を実現

インターネットソフトウェアサービス: Changsha MouRui Technology
2017 年、MouRui Technology はFARO Design ScanArm の導入を決めました。ユーザーは実物を素早くスキャンでき、正確に3D データをキャプチャし、デジタル化できます。さらにリバースエンジニアリングされたモデルの設計や修正、CAD モデルの作成、試作品の設計検証も簡単にできます。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

やりたいことを形にする楽しさをDesign ScanArmがサポートする車造りの夢

プロダクトデザイン:ムーンクラフト株式会社
以前は、黒物などの測れない部分はスプレーを吹き付けたりしていましたが、カーボン繊維は網目の間にスプレーが入りこむため使えません。その場合は黄色いマスキングテープを使用していましたが、デザインが複雑で貼るのに時間がかかります。「とにかく黒いものに強いスキャナーがほしくてDesign ScanArmに決めました」というムーンクラフトでは、最大で50%以上の時間短縮を実現しています。

Edge 3D Technologiesは、FAROのスキャナーで成功をつかむ

BIM/CIM:Edge 3D Technologies
現在、3Dレーザースキャンは3D点群データ取得における最も人気の高い方法の1つであり、取得したデータは、実用的な用途(例、工場レイアウト変更、リバースエンジニアリングプロジェクト)からレクリエーション向きの用途(例、映画やゲーム業界でのシーン作成)まで、幅広く限りない可能性に合わせ、さまざまな用途で使用可能です。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x