トンネル・鉱業

金の採掘でも石炭採掘でも、安全性はどの鉱山においても主要な関心事となっています。レーザースキャナーは、あらゆる亀裂や割れ目を識別して記録し、以前のスキャン結果とデータを比較し、また不安のある領域を識別することで、安全な作業環境での採掘を実現する上で大きく貢献しています。

FARO® Focusによって実施される鉱山の継続的な 3Dデジタルドキュメント化により、即座に岩層内のあらゆる変化を検出することで、適切なセキュリティ対策を十分事前に講じることができるため、鉱山の崩壊を防ぐことができます。新たな炭鉱の掘削などの地下の建設工事も、レーザースキャンによる3Dデジタルドキュメント化により簡単かつ安全になっています。

石炭や特定の鉱物の採掘に使用される露天掘りなどでは、立坑も慎重な検査を必要とします。FARO Focusは、岩や原料などのボリューム計算ができるため、鉱山における近代的なツールとして貴重な存在となっています。

FARO 3D Laser Scanner、治金業界および鉄鋼業界向けの高温材料浸食検査の効率を最大限に向上

デジタルファクトリー・治金:Hangzhou Pucheng Teddy Industrial Co., Ltd.
PUTEDYは、製鋼取鍋および製鉄取鍋の熱間鍛造寸法検査にFARO Focus3D X 130スキャナーを利用しており、 耐火材の変化を定期的に監視し、いつ材料充填が必要かを判断しています。技術チームは、Focus3D X 130 を採用して、高温対象物の非接触式測定を実施できる長距離3Dスキャニングシステムを開発しています。1つのボタンをクリックするだけで、オペレーターはスキャン、データ分析、計算ができ、スキャン結果を見栄えよく表示し、自動ストレージ管理も同時に行えます。非効率と考えられていた従来の検査ワークフローと比較して、これは著しい改善と言えます。

現場を丸ごと点群データ化し、会社に持ち帰る

建設・土木:株式会社奥村設計事務所
設計者は現場を見るのが基本と言っても、遠隔地の現場では何度も通うことは困難です。また、以前はカメラやビデオで撮影した画像から寸法などを割り出す方法であったため、図面が現状と合わないことも起こっていました。そこで現地調査のときにFAROの3Dレーザースキャナー「Focus3D X 330」を使用し、現場周辺を3Dスキャンにより点群データ化しています。そうすることによって、手戻りのない、より現状に合った図面を作成することができます。

マックと西松建設がFARO Focus3Dを車載システム化

建設・土木、トンネル掘削:マック株式会社
「近年、土木工事の中でも山岳トンネル工事は、生産性向上が著しく進んでいます。掘削精度の例では、設計断面を確保しながら、『余掘り』と呼ばれる余剰掘削を50mm以内で抑えるという精密な施工管理を行うことにより、材料費、工期、人件費が削減され生産性が向上します。当然、目視では50mmは判別できませんので測量機を使いますが、従来のトータルステーションでは多数ポイントの測定には時間が掛かり、工期への影響があること、3Dスキャナーの測定は、機器及び基準球の設置、データ処理に時間が掛かるという問題がありました。」と、マック代表取締役社長の宮原宏史氏は語ります。

3Dレーザースキャニングを使い、地下鉄トンネルの非破壊試験を実現

測量:Shanghai Geotechnical Investigations & Design Institute Co., Ltd
地下鉄に関連する他の建設プロジェクトや、もともとの地質学上の条件や建設資材の経年変化などの要因により地下鉄トンネルは劣化しやすいため、完成後もモニタリングとメンテナンスが必要です。漏水やヒビなどのよくある問題が発生する可能性があり、ひどいケースではコンクリートの剥離もありえます。トンネル崩落のリスクを下げるため、地下鉄トンネルに問題がないか定期的にチェックし、欠陥が発見された時点で迅速に対応しなければなりません。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x