風力発電

風力タービンのすべての部品が正確な仕様に組み込まれていることが、タービンのスムーズな設置に不可欠です。一部の部品が大型であることを考慮すると、正確な3Dデータを取得することは困難かつ時間のかかる作業になる場合があります。

FARO® ScanArm®やFAROレーザートラッカーなどのポータブル3次元測定器は、設置場所へ出荷される前のタワー、タービンハブ、動翼の3次元検査に使用でき、設置時に発生するとコストを圧迫する手戻りを解消するのに役立ちます。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします