さまざまな業界向け用途

ポータブル 3次元測定器 および 3D デジタルドキュメント化のためのレーザースキャナーといったFARO の 3 次元測定技術ソリューションは、リバースエンジニアリングや検査から、既設構造物のデジタル化や犯罪現場の分析までさまざまな用途で活用されています。

FARO のポータブル 3次元測定器 は、アライメントの問題解決、CAD ベースの検査、リバースエンジニアリングといった用途にご使用いただけます。正確な測定を迅速に実施し、厳しい要求を満たすことができるよう、ポータブル3次元測定器は費用のかさむスクラップややり直しをなくし、貴重な時間とコストを削減します。

FAROの 3D デジタルドキュメント化のためのレーザースキャナーは、タッチスクリーンに触れるだけで広範囲な環境を迅速にスキャンし、デジタルドキュメント化することができます。さまざまな用途でお使いいただける測定器ですので、測量士、エンジニア、建築家や科学捜査官による導入が想定され、資産および施設管理、遺跡保存、犯罪や事故現場の調査、バーチャルシミュレーション、建設プロジェクトなどにおいて、非常に精度の高い 3D モデルが使用できるようになっています。

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)

FARO の BIM ソリューションを使用して、建築プロセスの各段階で建築設計用の 3D データを取得。

CADベースの検査

FAROのポータブル3次元測定器を使用して、CADデータとの比較が可能。

アライメント

機械の動作能力を向上させ、アライメントのずれに起因するダウンタイムを削減。

バーチャル・シミュレーション

FAROの3Dレーザースキャナーを使用して、映画やゲームプラットフォームで使用するために、セット、キャラクター、物体全てを仮想化。

リバースエンジニアリング

デザインコンセプトや代替部品の完全なサーフェスデータを作成。

ロボットキャリブレーション

製造現場でキャリブレーションを行い、ロボットの精度を保証。

事故現場の再現

FAROの3Dレーザースキャナーを使用して、迅速かつ正確な事故調査が可能。

初回品検査

FAROのポータブル3次元測定器を使用して、初回品が設計通りの公差を満たしているか確認。

受入検査

受入検査の際、公差外部品が組立ラインに届くことを防ぎ、高品質の製品を確保。

大型部品検査

FAROのポータブル3次元測定器を使用して、大型部品の測定が可能。

寸法解析

測定値を迅速に把握し、検査を実施。適切な公差であることを確認。

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

FAROの3Dレーザースキャナーを使用して、既設構造物の3Dデジタルドキュメント化を実行。

機械のキャリブレーション

機械のキャリブレーションが正確に行われ、最適な状態で運転可能。

治工具のセットアップ

FARO のポータブル 3次元測定器を使用して、治工具の寸法精度を検証。

犯罪現場の解析

FAROの3Dレーザースキャナーを使用して、犯罪現場の解析のための証拠を3Dで素早く収集。

製造工程内検査

FAROのポータブル3次元測定器を使用して、製造工程内や加工機上での測定による部品検査が可能。

資産および施設管理

施設およびその資産を 3D デジタルドキュメント化し、レイアウトが論理的かつ効率的かを確認。

非接触測定による検査

接触測定では評価困難な、複雑な自由形状の点群データを素早く取得。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします