既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

Prev
 
Next

FARO® レーザースキャナーなどの 3D レーザースキャン技術を使用した既設構造物をスキャンすることで、3Dモデリングを可能にする詳細な点群データを取得します。

点群データは、建物の改築、プラントのレイアウト変更、拡張現実感を備えたデータのプレゼンテーションなどを行うために使用可能です。

建造物や周辺の空間全体のスキャンにおける高速なターンアラウンドタイムによって、FARO の 3D レーザースキャナーは多くの業界向けに、完全なサーフェスデータを持つCADモデルを提供できます。建築設計、土木・建設、施設管理、および文化遺産保存において、このFAROの3Dソリューションが活躍します。

 用途概要に戻る

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

3D点群データからの既設構造物デジタルドキュメント化へのワークフロー

オンラインセミナー

3D点群データからの既設構造物デジタルドキュメント化へのワークフロー

セミナーの閲覧お申込み



関連製品

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら