寸法解析

Prev
 
Next

機械加工されたパーツはさまざまな形状やサイズのものがあり、その精度や品質を検証し、部品検査や寸法解析用を行うために、汎用性の高い3次元測定器が必要です。

多くの機械工場では、アーム型3次元測定器やレーザートラッカーのようなFAROのポータブル3次元測定器を導入しています。製造現場や加工機上での検査、CAD比較のようなさまざまな測定ニーズに対応可能で、精度が公差内に収まっているかが確認できます。

 用途概要に戻る

寸法解析

寸法解析

関連製品

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら

ソリューションカタログを
ダウンロード