受入検査

Prev
 
Next

サプライヤーから届いた時点で公差外部品を見つけることで、企業は厳密な品質基準を確立・維持できます。総合的な受入検査プロセスを実施することで、公差外部品が組立ラインに届くことを防ぎ、コストがかかるスクラップや再作業が削減できます。

測定アームのようなFAROのポータブル3次元測定器を受入検査プロセスに統合することで、作業者はこれらの部品が仕様書やデザイン要件を満たしているかどうか、迅速かつ効率よく確かめることができます。

 用途概要に戻る

受入検査

受入検査

関連製品

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら

ソリューションカタログを
ダウンロード