遺跡調査

Prev
 
Next

歴史的建造物の高精度かつ詳細な現状を迅速に把握する上で理想的なFARO® レーザースキャナーは、建造物表面の 点群を取得し、建物の復元や歴史的保存計画の作成に使用するための3D モデルを作成できます。

研究者や科学者に建造物の構造を完全に把握するための3Dモデルを提供できるという点で、FARO レーザースキャナーは復元または科学的な分析を目的とした確実なソリューションとなります。

 業界概要に戻る


地上型3Dレーザースキャナーによる文化遺産保存への挑戦

オンラインセミナー

地上型3Dレーザースキャナーによる文化遺産保存への挑戦

セミナーの閲覧お申込み



関連製品

FARO ScanArm

接触・非接触測定が可能なポータブル3次元測定システム

詳細はこちら

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら