製造現場

Prev
 
Next

精度の高い部品を迅速に加工することは、受注生産企業の成功に不可欠です。効率化と納期の短縮のために、多くの受注生産企業がレーザートラッカーや測定アームなどのFAROのポータブル3次元測定器を導入しています。これらは治工具のセットアップなど、検査工程、寸法解析および部品の3Dモデリングといった用途に使用され、部品加工の全体的な品質の向上に役立っています。

FAROレーザートラッカーやFaroArm®などの3次元測定器を使って製造工程内検査や機上測定を実現することによって、工作機械やCNC機械の動作を改善し、生産効率が大幅に向上し、結果として膨大な時間とコストを削減します。

 業界概要に戻る

  • 安全運転は部品に始まる

    金型製造:Tianjin Nano Machinery Manufacturing Co., Ltd
    以前、Nanoでは、据置型3次元測定機を用いて検査を行っていました。据置型3次元測定機への初期投資は比 較的高額でした。なぜなら、このタイプの測定機は広い床面積が必要で、湿度レベルを管理できる測定専用の部 屋が必要だったからです。さらに、据置型3次元測定機は測定にプログラムをあらかじめに組み込む必要がある ため、ポータブル測定器と比べると、それほど柔軟性はありません。FAROの3次元測定器を導入してから、Nano は現存の据置型3次元測定機のうちの1台を処分しました。
  • 宇宙の観測研究に欠かせない
    高い組立精度を実現するFARO Laser Tracker

    機械加工:株式会社西村製作所
    望遠鏡は外気に触れ、過酷な環境下で使用するため、環境変化の度合いを考えて製作しています。また、それをいかに精度よく組み立てるかが重要で、そのためにもっとも大切なことは測定です。
  • Atma Autotech、FARO導入で効率向上を実現する未来を切り開く

    自動車:Atma Autotech
    全体的な生産性を向上し、タイムマネジメントの課題を克服するため、Atma Autotechは測定業務をより効率の良く行える方法を模索していました。チームは他の測定機器も検討しましたが、最終的にAtma Autotechは評判が高かったFaroArmの購入に至りました。


金属加工、機械加工、組立業界におけるソリューションカタログをダウンロード

ソリューションカタログを
ダウンロード

金属加工、機械加工、組立業界において検査プロセスの効率化と品質向上について

→ 今すぐダウンロード


金属加工、機械の製造や組立における生産性を高める、迅速かつ一貫性のある3次元測定ソリューション

オンラインセミナー

金属加工、機械の製造や組立における生産性を高める、迅速かつ一貫性のある3次元測定ソリューション
 
用途: 鋳物、金型、組立、治具

セミナーの閲覧お申込み


関連製品

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら