発電プラント

Prev
 
Next

今日のエネルギー業界では、プラント設計、プラント建設およびプラント保守については、3Dデジタルドキュメント化および3Dモデリングに厳しい要件が課せられています。

建設中の風力エネルギー発電所、太陽光エネルギーパネルの配置、または原子力発電所の解体など用途を問わず、FARO のポータブル3次元測定器およびレーザースキャナーは大規模コンポーネントの検査、アライメントの確認、または既設構造物のデジタルドキュメントの作成などを可能にし、プロセスの効率を向上します。

FaroArm®はタービンブレードのリバースエンジニアリングに、FAROレーザートラッカーは水力発電タービンのアライメントに、またFAROレーザースキャナーは発電所全体の点群の生成に活用できます。

 業界概要に戻る

 

エネルギー業界におけるタービンブレード、ウィンドプロペラハブ、および伝送パイプの測定のワークフロー

オンラインセミナー

エネルギー業界におけるタービンブレード、ウィンドプロペラハブ、および伝送パイプの測定のワークフロー

セミナーの閲覧お申込み



関連製品

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら