沿革

沿革

1981

Simon RaabとGreg Fraserが、カナダのモントリオールでRes-Techを設立。2年後、社名をFAROに変更。高度な手術および診断方法をサポートする技術やソフトウェアの開発に着手。

1984

多関節アーム測定技術を駆使した初の機器を発表。GENUCOMに続き、他モデルもリリース。1987年にMetrecom、1988年にSurgicomの販売を開始。

1990

カナダ、ケベック州より米国、フロリダ州へ移転。

1991

RaabとFraserが、製造業におけるCADを活用した部品構築プロセスと医療の3次元診断の間の類似点を発見。FAROは製造業における3次元測定という新指針を打ち出し、1994年にプロジェクトが完成。

1995

産業用の多関節測定アームであるFaroArmを発表。

1996

ヨーロッパ市場へ拡大。

1997

ティッカーシンボル”FARO”にて、米国、NASDAQ証券取引所へ上場。

FaroArm BronzeとFaroArm Silverを発表。

1998

CATS(ソフトウェア会社)を買収し、FARO AnthroCAMソフトウェア(FARO CAM2 Measureソフトウェアの先行モデル)の大幅改善を実現。

ヨーロッパ本部をドイツに設立。

FaroArm Goldを発表。

2000

アジア市場へ拡大。

2002

FaroArm Platinum(後に世界で最も売れたアーム型3次元測定器となった)および FaroArm Titaniumを発表。

Spatial Metrix (SMX)を買収し、FARO Laser Tracker Siにより、高精度かつ長距離測定に適した用途への市場拡大を実現。

機械加工工場向けの高精度かつ低価格の多関節アームFARO Gageを発表。

2004

XtremeADM技術を搭載したLaser Tracker X とXiを発表。

2005

iQvolutionおよびiQsunを買収し、そのフェーズシフト技術を取得。FARO Laser Scanner LSにより、建築、科学捜査、測量などの市場への事業拡大を実現。

アジア本部をシンガポールに設立。

2006

Jay Freelandが、FAROのPresident兼CEOに就任。

2007

FaroArm QuantumとFaroArm Fusionを発表。

2008

Forbes誌が選ぶアメリカの急成長技術企業のトップ25に選出。

Laser Scanner Photonを発表。

Dimensional Photonics Internationalよりグローバル技術権を取得。

2009

世界で最も高精度で長距離測定が可能なレーザートラッカー、FARO Laser Tracker IONを発表。

2010

高性能な非接触式3次元イメージングシステムである、FARO 3D Imager AMPを発表。

世界最小、最軽量で最も手頃な価格の3Dレーザースキャナーである、FARO Focus3Dを発表。

2011

世界で最も革新的なアーム型3次元測定器、FARO Edgeを発表。

FaroArm、FARO ScanArm、FARO Laser TrackerのためのCAM2 Measure 10ソフトウェアを発表。

FARO Focus3D、Popular Science誌により最も革新的な新技術に選出。

2012

高精度接触式アーム型3次元測定器である、FARO Primeを発表。

最小、最軽量で長距離測定が可能なレーザートラッカーFARO Vantageを発表。

2013

長距離用レーザースキャナーFARO Focus3D X 330を発表。

スキャンデータの安全な共有のためのホスティングソリューション、SCENE WebShare Cloudを発表。

経営誌Fortuneにより「急成長を遂げるトップ100企業」に選出。

2014

スキャン速度が560,000点/秒で、非常に高精度かつデータ解像度の高い最新ブルーレーザー技術を搭載した、最先端FARO Laser Line Probe(ScanArm HD)を発表。

The CAD Zone, Inc.を買収。

2015

測定範囲が1.6~9.8ftで、最大スキャン速度が88,000点/秒のFreestyle3D Handheld Laser Scannerを発表。Freestyleにより、高精度で高解像度を保ちながら、近い距離でのスキャンを実現し、入り組んだ場所や狭いエリアでも柔軟な測定を実現。

FARO、ARAS 360 Technologies, Inc.を買収。

製造工程の増設・近代化のため、新たにペンシルバニア州、エクストンに施設を開設。

Kubit買収により、建築、エンジニアリングと建設(AEC)業界での影響力を拡大。

2016

新しいクラスの自動測定センサーにより、高度な製造工程内測定が可能な、スマート3Dイメージャー・アレイを発表。

お客様に革新的な新製品を早期に使っていただくため、初期導入(EA)プログラムを開始。

ハイスピードイメージング(HSI) 技術を搭載した、新しいクラスのLIDARの発表により、製造工程内ガイドアセンブリと検査に革新をもたらす。

IP54規格に準拠し、現場補正機能が付いたFocusS Laser Scannerを発表。

MWF-Technology GmbHの買収により、モバイルバーチャルおよび拡張現実に事業を拡張。

アジア太平洋での事業拡大のため、オーストラリア、ブリスベンに新事務所を開設。

2017

新たな価格帯と性能基準を打ち出した、新しいFARO® FocusM 70 Laser Scannerを発表。

携帯性、モバイル機器での制御、耐久性、そしてその価値において新たな基準を打ち出した、FARO® Vantage Laser Trackerを発表。

現在

FAROは、世界で最も信頼性の高い3次元測定とイメージングソリューションを提供する企業となり、その革新の途をたどり、お客様の製品や製造工程が世界最高レベルになるよう、サポートを継続していきます。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x