事故現場の再現

事故現場を再現する場合には、その現場をより早く、より迅速に記録することが肝心です。FARO の 3D レーザースキャナーを用いて、衝突事故の捜査官は膨大な量のデータを速やかに記録し、オフィスにバーチャルシーンを持ち帰ることができます。例えば車両変形分析のために、現場に残った証拠物件は複数の視点から、もしくはOEM CAD ファイルと比較したスキャンデータから分析されます。実際の現場をシミュレートするため、事故を再現したアニメーションが必要な場合もあります。

FARO の 3D レーザースキャン技術は、短時間で、優れた成果物を生成することによって、科学捜査専門家をサポートしています。

現代のシャーロックホームズ
3D スキャンニング技術と科学捜査が出会う

公共の安全/科学捜査:中国南方医科大学
Zhao 教授は、3D スキャニングソリューションは捜査官が事件分析や証拠提示を行う際に、有利な状況を提供してくれると堅く信じています。1つには、高精度 3D 点群データにより、実際に事故現場を再現でき、事務所に座っていながらも、事故がどのように起きたのかを「ウォークスルー」できます。

FAROパートナーの同済大学による 事故再現研究 自動車メーカーにおける安全性向上への貢献

教育・研究: 同済大学 自動車行程大学院 (中国・上海市)
通常、衝突事故を再現するための分析を行う場合、人・車・道路・環境の4 つの要素が含まれます。事故を正確に再現して調査するためには、迅速かつ徹底的に証拠を収集する必要があります。事故を正確に分析するうえで、正確で包括的なデータは欠かせません。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x