既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化
既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

FARO® レーザースキャナーなどの 3D レーザースキャン技術を使用した既設構造物をスキャンすることで、3Dモデリングを可能にする詳細な点群データを取得します。

点群データは、建物の改築、プラントのレイアウト変更、拡張現実感を備えたデータのプレゼンテーションなどを行うために使用可能です。

建造物や周辺の空間全体のスキャンにおける高速なターンアラウンドタイムによって、FARO の 3D レーザースキャナーは多くの業界向けに、完全なサーフェスデータを持つCADモデルを提供できます。建築設計、土木・建設、施設管理、および文化遺産保存において、このFAROの3Dソリューションが活躍します。

3Dレーザースキャナーで新築・改修工事の生産性を向上
竹中工務店の点群データ活用事例

建設: 竹中工務店
「この現場を計測する場合、これまでなら3~4人がかりで約1カ月はかかっていたでしょう。それがFocus3Dなら、現地での計測作業を2人で約2週間で終えることができました」(染谷氏)。

FAROは次のステージへ。従来型の建設会社のための新しいコンピテンシー を実現します

建設・土木:舜元建設本社(中国・上海)
プロジェクトのオーナーは、レーザースキャナーを使って現場の点群モデルを作ってほしいと言ってきました。そうすれば、リノベーションプロセスでBIM技術を活用し、電気機械の配管やあき高などが最適化できるからです。

現場を丸ごと点群データ化し、会社に持ち帰る

建設・土木:株式会社奥村設計事務所
設計者は現場を見るのが基本と言っても、遠隔地の現場では何度も通うことは困難です。また、以前はカメラやビデオで撮影した画像から寸法などを割り出す方法であったため、図面が現状と合わないことも起こっていました。そこで現地調査のときにFAROの3Dレーザースキャナー「Focus3D X 330」を使用し、現場周辺を3Dスキャンにより点群データ化しています。そうすることによって、手戻りのない、より現状に合った図面を作成することができます。

マックと西松建設がFARO Focus3Dを車載システム化

建設・土木、トンネル掘削:マック株式会社
「近年、土木工事の中でも山岳トンネル工事は、生産性向上が著しく進んでいます。掘削精度の例では、設計断面を確保しながら、『余掘り』と呼ばれる余剰掘削を50mm以内で抑えるという精密な施工管理を行うことにより、材料費、工期、人件費が削減され生産性が向上します。当然、目視では50mmは判別できませんので測量機を使いますが、従来のトータルステーションでは多数ポイントの測定には時間が掛かり、工期への影響があること、3Dスキャナーの測定は、機器及び基準球の設置、データ処理に時間が掛かるという問題がありました。」と、マック代表取締役社長の宮原宏史氏は語ります。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x