fbpx

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化
既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

FARO® レーザースキャナーなどの 3D レーザースキャン技術を使用した既設構造物をスキャンすることで、3Dモデリングを可能にする詳細な点群データを取得します。

点群データは、建物の改築、プラントのレイアウト変更、拡張現実感を備えたデータのプレゼンテーションなどを行うために使用可能です。

建造物や周辺の空間全体のスキャンにおける高速なターンアラウンドタイムによって、FARO の 3D レーザースキャナーは多くの業界向けに、完全なサーフェスデータを持つCADモデルを提供できます。建築設計、土木・建設、施設管理、および文化遺産保存において、このFAROの3Dソリューションが活躍します。

マックと西松建設がFARO Focus3Dを車載システム化

建設・土木、トンネル掘削:マック株式会社
「近年、土木工事の中でも山岳トンネル工事は、生産性向上が著しく進んでいます。掘削精度の例では、設計断面を確保しながら、『余掘り』と呼ばれる余剰掘削を50mm以内で抑えるという精密な施工管理を行うことにより、材料費、工期、人件費が削減され生産性が向上します。当然、目視では50mmは判別できませんので測量機を使いますが、従来のトータルステーションでは多数ポイントの測定には時間が掛かり、工期への影響があること、3Dスキャナーの測定は、機器及び基準球の設置、データ処理に時間が掛かるという問題がありました。」と、マック代表取締役社長の宮原宏史氏は語ります。

FARO Laser Scannerを使い、将来性を拡大

AEC – 建設:Amnex Infotechnologies
2016 年、Amnex はグジャラート州海事局(GMB) の依頼を請け、インド最長の臨港線である、グジャラートウォーターフロントに沿った49 の港全てのデータを取得し、デジタル3Dドキュメント化を実施しました。Amnex は既存の技術では自分達が望む成功は成し遂げられないと考え、3D スキャンの導入を決めました。

「消えゆく」文明の3Dデジタルドキュメント化、 時間との闘い – FARO、文化遺跡保存をサポート

遺跡調査: 浙江大学文化遺跡研究所
緻密に削られた洞窟、仏塔や寺院、石碑や石像が散りばめられた記念碑など、史跡に感嘆の声を上げる時、その場所に関わらず、人は、環境が静かにゆっくりと非可逆的にその美しさ全てを摩耗していきつつあるという事実に気が付くことは少ないでしょう。肉眼でははっきりとは分かりませんが、最大限の注意が払われている博物館に置かれた歴史的遺物でさえも、同じことが言えます。時間の経過につれて、卓越した価値を持つこれらの文化遺産は継続して劣化し続けるという事実を、考古学者や自然保護活動家は受け入れなければなりません。

空間プランニング専門業者、FARO Focus3Dを使い、現場測量を実施 – プロフェッショナルレーザースキャニングソリューションにより、TOZの測定課題を解決

建築: TOZ Group
スキャナー導入後、TOZは測量時間を2時間から1時間へと50%も短縮し、計測誤差の80%削減を実現しました。以前、マニュアルで行っていた計測値の誤差範囲は約100mmから150mmでした。Focus3Dを使うと、誤差範囲は20mmから30mmにまで減り、これはTOZの公差を十分満たす数値でした。スキャナーのもう一つの利点は、Focus3Dがスキャンしている間、手動式計測機器を使い、同時に補助的な計測が可能となったことでした。これにより、時間短縮を実現しながら、総合的な生産性を最大限に向上できました。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x