既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

既設構造物の3Dデジタルドキュメント化
既設構造物の3Dデジタルドキュメント化

FARO® レーザースキャナーなどの 3D レーザースキャン技術を使用した既設構造物をスキャンすることで、3Dモデリングを可能にする詳細な点群データを取得します。

点群データは、建物の改築、プラントのレイアウト変更、拡張現実感を備えたデータのプレゼンテーションなどを行うために使用可能です。

建造物や周辺の空間全体のスキャンにおける高速なターンアラウンドタイムによって、FARO の 3D レーザースキャナーは多くの業界向けに、完全なサーフェスデータを持つCADモデルを提供できます。建築設計、土木・建設、施設管理、および文化遺産保存において、このFAROの3Dソリューションが活躍します。

FARO 3Dレーザースキャナーが、ブン川震災記念公園建設にあたり、 震災後の街の様子を高精度に3Dドキュメント化

建築・土木、教育・研究: 北京測量&マッピング研究所
世界を震撼させた四川大地震は2008年5月12日昼過ぎに起こりました。このマグニチュード8.0弱の直下型地震は、人口密度の高い地域で起こったため、ここ数十年間に世界を襲った最も被害の大きい地震のひとつとなりました。死者、行方不明者は推定8万人を超え、何百万もの人々が住むところを失いました。

レーザースキャナーを使用してマディソン郡の橋を3Dドキュメント化

遺跡保存: SightLine
災害は、何世紀にも及ぶ歴史的、文化的遺産をたちどころに破壊します。3次元レーザースキャニングは建造物を3Dドキュメント化するための優れた手段であり、これらの潜在的な危険から私たちの歴史を永遠に守ることができます。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x