fbpx

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)
BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)
BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)

FARO のBIM (ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソリューションの構築が急速に業界標準となりつつある今、FARO が意思疎通、協業、そして問題解決をスムーズに行うための道しるべとなっていることは当然といえるでしょう。その成果は高品質のプロジェクトとして、より迅速かつ低コストで構築されます。

FARO レーザースキャナーでのスキャンにより、建設工事の各段階における建物の設計をサポートします。コストと時間のかかる再作業を排除する品質管理プロセスとして、この 3D モデリングツールで随時CAD モデルと建造物の現状を比較することができます。

3Dレーザースキャナーで新築・改修工事の生産性を向上
竹中工務店の点群データ活用事例

建設: 竹中工務店
「この現場を計測する場合、これまでなら3~4人がかりで約1カ月はかかっていたでしょう。それがFocus3Dなら、現地での計測作業を2人で約2週間で終えることができました」(染谷氏)。

FAROは次のステージへ。従来型の建設会社のための新しいコンピテンシー を実現します

建設・土木:舜元建設本社(中国・上海)
プロジェクトのオーナーは、レーザースキャナーを使って現場の点群モデルを作ってほしいと言ってきました。そうすれば、リノベーションプロセスでBIM技術を活用し、電気機械の配管やあき高などが最適化できるからです。

FARO Laser Scannerを使い、将来性を拡大

AEC – 建設:Amnex Infotechnologies
2016 年、Amnex はグジャラート州海事局(GMB) の依頼を請け、インド最長の臨港線である、グジャラートウォーターフロントに沿った49 の港全てのデータを取得し、デジタル3Dドキュメント化を実施しました。Amnex は既存の技術では自分達が望む成功は成し遂げられないと考え、3D スキャンの導入を決めました。

FAROの3Dスキャニング技術により、BIMでの用途が拡大

測量と設計: SIPPR Engineering Group Co., Ltd.
わずか2年間に、SIPPRは13もの産業・商業用プロジェクトの全段階において、幅広くFAROレーザースキャナーを使用しました。これらのプロジェクトには、土量計算、工場のリバースモデリング、完成したビルのテスト、外観エンジニアリングや建設資材の計算などがあります。FARO Focus3Dを使い、SIPPRはプロジェクトにおける経済的利益増大と市場拡大を実現でき、最初の1年で高い投資利益率を得ることができました。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x