fbpx

CADベースの検査

CADベースの検査
CADベースの検査
CADベースの検査
CADベースの検査

FAROのポータブル3次元測定器は、幾何公差測定(GD&T)を簡素化し、CADベースの3D検査および公称値との比較に、効率よく使いやすいソリューションを提供します。

FaroArm®、FARO ScanArm®およびFARO Laser Trackerのような、さまざまな接触・非接触式の3次元測定器を使用して、設計図やCADデータと比較し複雑な形状を検証できます。それにより、表面形状を評価し、すべての部品が公差内に収まっているかどうかを確認できます。

自動車から楽器まで、最新技術で顧客のニーズをトータルサポート 短納期、高品質の試作品製作を支えるFaroArm

自動車:株式会社エム・エス・ケー
MSKでは、以前はノギスやハイトゲージを使用して、部品を測定していました。部品はさまざまな複雑な形状をしており、測定のために部品を水平に設置するだけでも手間がかかり、測定にも時間がかかっていました。そのような手動の測定機器では、計測が難しい個所もありました。

『点と数字』から『色』での品質管理へ FaroArmの非接触スキャナーがもたらす品質評価プロセ スの改善

自動車:株式会社ダイハツメタル
FaroArmでの測定結果について、「『数字』の羅列では形状を評価するのに時間がかかります。カラーマップなら一目見て良い、悪いが把握できるため、認証作業が短時間で終わります。」「測定時間は据置型3次元測定機を使用する場合に比べて1/3ほどになり、工数の削減にもつながりました。測定物全体の評価が可能なため『測定抜け』がなくなり、測定者による合否判定ミスの防止に役立っています。海外の関連工場や他部署との意思疎通にも、カラーマップの方が速くて正確です。」

産業構造の転換に対応する “技術を磨くプロジェクト” ~FaroArmとともに~

自動車: おかやま次世代自動車技術研究開発センター
「おかやま次世代自動車技術研究開発プロジェクト」は2011年から継続して続けられていますが、このたび、試作車OVEC-ONEが完成し、先の「人とくるまのテクノロジー展2013」で発表、展示されました。

カスタムパーツ開発に欠かせないファローアーム 個性的なバイクで評価と信頼を得るPLOT

自動車: 株式会社プロト
オートバイの世界では、乗り手と愛車の結びつきが極めて強いものです。バイクはただ走ればいいというものではなく、安全であることはもちろんのこと、個性的で快適な、時に乗り手を映す鏡のような存在にもなります。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x