受入検査

サプライヤーから届いた時点で公差外部品を見つけることで、企業は厳密な品質基準を確立・維持できます。総合的な受入検査プロセスを実施することで、公差外部品が組立ラインに届くことを防ぎ、コストがかかるスクラップや再作業が削減できます。

測定アームのようなFAROのポータブル3次元測定器を受入検査プロセスに統合することで、作業者はこれらの部品が仕様書やデザイン要件を満たしているかどうか、迅速かつ効率よく確かめることができます。

カルソニックカンセイ・コリア社、FAROの使用により測定効率を5倍に向上

自動車:カルソニックカンセイ・コリア社
創業以来、カルソニックカンセイ・コリア社は、主に据置型3次元測定機(CMM)、およびノギスやRゲージ、形状検出ツールなどの従来の測定方法で品質管理を行ってきました。しかし、2次元の測定機器は対象物を測定するのに長い時間がかかり、測定誤差にばらつきがでることがありました。また、据置型3次元測定機には不十分な点もあり、たとえばプレス部品やパイプ上のカーブや輪郭を測定するのが困難で、正確な結果を得ることができませんでした。

レーザートラッカーによる「ものづくりと品質保証の一体化」 コマツ茨城工場、1年半で投資回収を見込む

重工機: コマツ 茨城工場
近年、特に新興国でインフラ整備や資源開発が進み、建機の需要が伸びていることもあり、茨城工場の組立ラインには、ロシアやインドネシアなどの国々へ輸出される製品が国内向けの建機とともに並んでいます。コマツグループでは、最新技術や設備の導入を通して、開発・生産からアフターサービスまで徹底した品質管理を実現し、国内外へ製品を届けています。

研究開発の品質が製品の品質を左右する、ファローアームで研究開発の品質管理を徹底

重工機: ヤンマー株式会社 中央研究所
ヤンマー中央研究所では、エンジンテクノロジー、農業、海洋、エネルギーシステムなどの研究を行っていますが、ヤンマーグループのさまざまな部署から解析依頼が来ます。中央研究所は、技術支援の一環として測定器の導入を検討していましたが、据置型三次元測定機を設置する恒温室がない、測定器を現場で使いたい、という要望から携帯型の3次元測定器を導入することになりました。

夢ある未来を創造する次世代半導体ウェーハ ~φ 450mm ウェーハ用テープフレームのたわみ検証を、FARO Laser ScanArmで実施

電子: SEMI
パソコンや携帯電話などの身近なデジタル家電から、大型タンカーや航空機の精密航法装置に至るまで、今やさまざまなところで半導体が使用されています。これらは、半導体の技術革新によって普及、進歩したといっても過言ではありません。近年、半導体の用途と需要は、ますます広がりを見せています。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x