治工具のセットアップ

自動車、航空宇宙、および造船業界における治工具のセットアップおよび射出成形には、高い精度と再現性が要求されます。FARO レーザートラッカーおよびアーム型3次元測定器は、部品が確実に最高水準で製造されるように、治工具や金型に対して精度テストを行うことができます。これら測定器を使用して、治工具や金型の幾何公差、および再現性を評価することにより、工具メーカーも不具合を認識または予測することができます。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

FARO: レーザースキャナーを使い、0.003インチの測定を実現

航空宇宙: HIZEAERO Co. Ltd.
チタンフォイルとは、厚さがわずか0.003インチ(0.076mm)しかない超薄型チタンフィルムで、この供給は、生産においても、検査においても、Hizeaeroチームに大きな課題を課すことになりました。この課題こそが、HizeaeroがFARO ScanArmに投資する大きなプッシュ要因だったのです。

カスタムパーツ開発に欠かせないファローアーム 個性的なバイクで評価と信頼を得るPLOT

自動車: 株式会社プロト
オートバイの世界では、乗り手と愛車の結びつきが極めて強いものです。バイクはただ走ればいいというものではなく、安全であることはもちろんのこと、個性的で快適な、時に乗り手を映す鏡のような存在にもなります。

夢ある未来を創造する次世代半導体ウェーハ ~φ 450mm ウェーハ用テープフレームのたわみ検証を、FARO Laser ScanArmで実施

電子: SEMI
パソコンや携帯電話などの身近なデジタル家電から、大型タンカーや航空機の精密航法装置に至るまで、今やさまざまなところで半導体が使用されています。これらは、半導体の技術革新によって普及、進歩したといっても過言ではありません。近年、半導体の用途と需要は、ますます広がりを見せています。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x