fbpx

導入事例

FARO Laser Trackerでロボットのポジショニング

FARO Laser Trackerでロボットのポジショニング

ドイツのKuka Roboter社は産業ロボット製造の世界リーダー。2007年同社は2,000人のスタッフで9,000台のロボットを生産した。自動車業界のほかKukaは食品業界の衛生対策用「洗浄ロボット」、航空業界に「シートテストロボット」を提供している。Kuka のロボットは007映画「ダイ・アナザー・デイ」にも登場しピアース・ブロスナン、ハル・ベリーと共演した。顧客のニーズに合わせ特注されるKukaのロボットは最高の精度を達成しなければならない。その位置測定と認証が、重要な役割を果たす。

ほんの数年前まで使われていた測定値の標準的な確定方法を考えるとはるか昔のことのようだ。かつてロボットはできるだけ速く4ポイントに動き「point-to-pointポジション」に到達しなければならなかった。ポイント間の偏差が視覚的に、つまり主観的な測定方法で評価された。

ロボットのポジショニングの高精度が要求され、FARO Laser Trackerが採用された。この高精度ポータブルCMMはレーザー光により正確な位置を計算する。ロボットは測定場所で求められる位置データを測定するため、特定の位置にセットアップされ、フリーパラメターが最適化され測定値がコントロール・アルゴリズムに送り返される。次にロボットは品質管理チェックのため他の位置へ動きLaser Tracker で結合位置データを収集する。この認証によりシステムエラーの発生は完全になくなった。

機械系部門のチーム・マネジャーDietmar Tscharnuter博士は説明する「ロボットは個々に製造され、そしてアセンブリ後個々に測定されます。これは手のかかる手順です。高精度が必須であるため、特定のデフォルトを調べるだけではありません。コントロール・アルゴリズムも調整するのです。」

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x