科学捜査

犯罪の発生後は、事件の証拠が劣化したり喪失することを避けるため、極めて短時間の内に急いで現場を調査する必要があります。FARO®レーザースキャナーは、詳細な3D点群にカラー画像を重ねて記録するため、現場を迅速にスキャンすることによって、証拠の劣化や喪失というリスクを軽減することができます。この3次元データを使っての科学捜査のための3Dデジタルドキュメント化により、現場の証拠が片づけられる前に現場全体を保存することができます。このデジタル証拠によって、科学捜査官は視線や弾丸の軌道、血液の飛び散り方などについて、後日現場を再現し調べることができます。3Dスキャンによって犯罪捜査は、現場スケッチからデジタル科学捜査へと変わります。

デジタル科学捜査の発展のおかげで、事故調査でも3Dレーザースキャナーで取得した3Dデータを使用し、事故の3Dシミュレーションを通じて、完全にデジタル化された事故状況を再現できます。FARO 3Dレーザースキャナーによって、科学捜査ツールは2Dから3Dへ飛躍します。

現代のシャーロックホームズ
3D スキャンニング技術と科学捜査が出会う

公共の安全/科学捜査:中国南方医科大学
Zhao 教授は、3D スキャニングソリューションは捜査官が事件分析や証拠提示を行う際に、有利な状況を提供してくれると堅く信じています。1つには、高精度 3D 点群データにより、実際に事故現場を再現でき、事務所に座っていながらも、事故がどのように起きたのかを「ウォークスルー」できます。

FAROパートナーの同済大学による 事故再現研究 自動車メーカーにおける安全性向上への貢献

教育・研究: 同済大学 自動車行程大学院 (中国・上海市)
通常、衝突事故を再現するための分析を行う場合、人・車・道路・環境の4 つの要素が含まれます。事故を正確に再現して調査するためには、迅速かつ徹底的に証拠を収集する必要があります。事故を正確に分析するうえで、正確で包括的なデータは欠かせません。

アカウントのご登録