鋳造

お客様のターンアラウンドに対する要求に応えながら、鋳鉄、アルミニウムなどの金属製品の品質を確保するためには、鋳造会社は金型の深刻な摩耗を追跡し、金属鋳物の最終検査前に潜在的な問題をすべて修正しておくことが非常に重要です。

レーザートラッカーや測定アームなど FAROのポータブル3次元測定器があれば、鋳造現場で直接、すぐに測定および原型、鋳型、および金型の寸法解析を行うことができます。その結果、製品リードタイムの短縮と、不良品と再作業の削減が実現します。

複雑な形状でも非接触スキャナーで迅速にリバースエンジニアリング 最新設備と熟練技術を武器にビジネスを拡大

金型:株式会社ダイモール
接触測定でのリバースエンジニアリングは対応が難しくなり、ダイモールでは2015年にFARO Edge ScanArm HDを導入。設計情報のない金型の再作成、金型の素材変更によるデータ取得に、スキャナーを使ってスキャン、その3Dデータをもとに接触測定で取得した点情報から作成する幾何形状なども取り入れて、最終的に設計を行います。

顧客の要望に迅速に対応する 「誠実なものづくり」 FARO Edge ScanArm ESが測定時間の短縮に貢献

金型製造: 株式会社斎藤金型製作所
自動車や航空機など、どんな製品でも製造するときに必要なものがあります。それは、「金型」。プレス金型にしろ、射出成形型にしろ、製品、部品を製造するときには金型が必要です。一般的に自動車1台につき、300以上の金型が必要とされています。製造業の発展に伴い、日本の金型は世界の中でも品質がトップレベルのものとして、高い評価を受けてきました。

企画力、技術力、最新設備を武器に販路を拡大する若園精機株式会社 FARO Edgeの導入で「夢の実現」へ

金型製造、自動車: 若園精機株式会社
2008年のリーマンショック以降、金型業界を取り巻く環境は厳しくなっています。岐阜県養老郡に拠点を置く若園精機株式会社は岐阜県で唯一ドイツ製の5軸加工機「ハームレ」を保有、企画力と切削技術、最新の設備を生かして、金型の企画、設計から製造まで一貫したものづくりに取り組んでいます。

時短測定の追求

自動車、金属加工、金属製品: シーコム株式会社
シーコム株式会社(以下シーコム)は、各種金属部品の板金加工から組み立てをまでを行う、高い技術力を持った試作開発メーカーです。創業時から自動車関連の製品の試作・製造を主力事業としていますが、産業機械や鉄道などの各種部品も手掛けており、試作だけではなくそれらの部品の型具、治具の設計・製造、販売も行っています。90年代からは新規分野として航空宇宙分野にも進出し高い技術力を誇る、広島県有数の企業です。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x