遺跡調査

歴史的建造物の高精度かつ詳細な現状を迅速に把握する上で理想的なFARO® レーザースキャナーは、建造物表面の 点群を取得し、建物の復元や歴史的保存計画の作成に使用するための3D モデルを作成できます。

研究者や科学者に建造物の構造を完全に把握するための3Dモデルを提供できるという点で、FARO レーザースキャナーは復元または科学的な分析を目的とした確実なソリューションとなります。

「消えゆく」文明の3Dデジタルドキュメント化、 時間との闘い – FARO、文化遺跡保存をサポート

遺跡調査: 浙江大学文化遺跡研究所
緻密に削られた洞窟、仏塔や寺院、石碑や石像が散りばめられた記念碑など、史跡に感嘆の声を上げる時、その場所に関わらず、人は、環境が静かにゆっくりと非可逆的にその美しさ全てを摩耗していきつつあるという事実に気が付くことは少ないでしょう。肉眼でははっきりとは分かりませんが、最大限の注意が払われている博物館に置かれた歴史的遺物でさえも、同じことが言えます。時間の経過につれて、卓越した価値を持つこれらの文化遺産は継続して劣化し続けるという事実を、考古学者や自然保護活動家は受け入れなければなりません。

文化財調査や建物のバーチャル保存に 博物館を支えるFARO Laser Scanner Focus3D

教育、遺跡保存:栃木県立博物館
古墳や石室などの調査記録は、これまで図面や写真で残してきました。しかし、写真はひずみがあり、図面は要所の寸法しか記録できません。3Dスキャナーで点群データを残しておくと、後から必要な部分の寸法を測ったり、正確な形状を観察したりと、記録の情報量が大幅に高まります。

レーザースキャンによる 最先端の古墳研究、3Dデータの活用が考古学を大きく変える

遺跡保存:岡山大学 考古学研究室/関施工管理事務所
岡山大学考古学研究室の新納(にいろ)泉教授は、レーザースキャナーで古墳の3次元測量を行い、3Dデータを活用して詳細な等高線を作成、古墳の研究をしています。3次元測量は岡山県岡山市の有限会社関施工管理事務所の関氏の協力でFARO Laser Scanner Focus3Dを使って行い、大規模点群活用ソフトウェア「InfiPoints」を利用して処理したデータを使用しています。

FARO、中国郊外にて建築教育のサ ポートを展開

教育、建築: 香港大学/清華大学
歴史を学び、保存する際、特に建築が関わる場合、伝統的な工具や技術ではうまくいかないことがよくあります。皮肉なようですが、現代の先進技術を駆使した機器によって、複雑な建築情報を保存することで、後世の人達が鑑賞・感嘆できるようになります。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x