医療

整形外科、脳神経外科、人工装具の開発における医学の進歩は、リバースエンジニアリングやラピッドプロトタイピングを行うことで、新たな診断ツール、機器、および部品の発展につながっていく可能性があります。FAROの測定アームなどのポータブル3次元測定器で、研究者は特定箇所を迅速に測定およびスキャンしたり、CADモデルと比較したり、また使用前にフィット感を確認したりできるようになります。

FAROレーザートラッカーとFaroArm®を使用して3次元検査、3Dモデリング、およびシミュレーションをすることで、研究、製品設計その他の臨床研究で使用するための精度の高いデータを提供できるようになるため、医学におけるイノベーションが促進されます。

小規模な半導体工場のコストダウンに貢献

半導体・医療:株式会社ジー・キューブ
3Dスキャナーの導入にあたってジー・キューブが重視したのは、業務時間の短縮化でした。「実際、今回の導入でこれまで2日かかっていた納品は1日で済むようになりました。お客様から受け取ったデータを加工できる付属ソフトウェアも役立っています」と小林氏は効果を振り返ります。

医療・介護の現場に貢献するオージー技研 3次元測定器導入でさらなる品質向上を目指す

医療: オージー技研株式会社
日本はすでに65歳以上人口が24%を超える超高齢社会です。今後ますます、医療機関、介護施設を利用する機会が増えていくことでしょう。

三次元測定の拡がる用途 個々人に合う車いすを目指して

医療システム: 国立障害者リハビリテーションセンター
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発部 高齢障害者福祉機器研究室長で工学博士の廣瀬氏は、高齢者や障害者一人ひとりに合った車いすの研究開発を行っている。その一貫として、車いすに座っている人の姿勢計測や、姿勢計測方法の考案、姿勢計測のためのISO規格の改良/ 改正などに取り組んでいる。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x