医療

整形外科、脳神経外科、人工装具の開発における医学の進歩は、リバースエンジニアリングやラピッドプロトタイピングを行うことで、新たな診断ツール、機器、および部品の発展につながっていく可能性があります。FAROの測定アームなどのポータブル3次元測定器で、研究者は特定箇所を迅速に測定およびスキャンしたり、CADモデルと比較したり、また使用前にフィット感を確認したりできるようになります。

FAROレーザートラッカーとFaroArm®を使用して3次元検査、3Dモデリング、およびシミュレーションをすることで、研究、製品設計その他の臨床研究で使用するための精度の高いデータを提供できるようになるため、医学におけるイノベーションが促進されます。

医療・介護の現場に貢献するオージー技研 3次元測定器導入でさらなる品質向上を目指す

医療: オージー技研株式会社
日本はすでに65歳以上人口が24%を超える超高齢社会です。今後ますます、医療機関、介護施設を利用する機会が増えていくことでしょう。

三次元測定の拡がる用途 個々人に合う車いすを目指して

医療システム: 国立障害者リハビリテーションセンター
国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発部 高齢障害者福祉機器研究室長で工学博士の廣瀬氏は、高齢者や障害者一人ひとりに合った車いすの研究開発を行っている。その一貫として、車いすに座っている人の姿勢計測や、姿勢計測方法の考案、姿勢計測のためのISO規格の改良/ 改正などに取り組んでいる。

アカウントのご登録