トンネル・鉱業

金の採掘でも石炭採掘でも、安全性はどの鉱山においても主要な関心事となっています。レーザースキャナーは、あらゆる亀裂や割れ目を識別して記録し、以前のスキャン結果とデータを比較し、また不安のある領域を識別することで、安全な作業環境での採掘を実現する上で大きく貢献しています。

FARO® Focusによって実施される鉱山の継続的な 3Dデジタルドキュメント化により、即座に岩層内のあらゆる変化を検出することで、適切なセキュリティ対策を十分事前に講じることができるため、鉱山の崩壊を防ぐことができます。新たな炭鉱の掘削などの地下の建設工事も、レーザースキャンによる3Dデジタルドキュメント化により簡単かつ安全になっています。

石炭や特定の鉱物の採掘に使用される露天掘りなどでは、立坑も慎重な検査を必要とします。FARO Focusは、岩や原料などのボリューム計算ができるため、鉱山における近代的なツールとして貴重な存在となっています。

3Dレーザースキャニングを使い、地下鉄トンネルの非破壊試験を実現

測量:Shanghai Geotechnical Investigations & Design Institute Co., Ltd
地下鉄に関連する他の建設プロジェクトや、もともとの地質学上の条件や建設資材の経年変化などの要因により地下鉄トンネルは劣化しやすいため、完成後もモニタリングとメンテナンスが必要です。漏水やヒビなどのよくある問題が発生する可能性があり、ひどいケースではコンクリートの剥離もありえます。トンネル崩落のリスクを下げるため、地下鉄トンネルに問題がないか定期的にチェックし、欠陥が発見された時点で迅速に対応しなければなりません。

ゴマントン洞窟を高精度に3Dモデル化 FARO Laser Scanner Focus3D X 330が重要な役割を果たす

研究:ゴマントン洞窟
東マレーシアのサバ州の名所、ゴマントン洞窟は6500万年前に誕生した石灰岩の洞窟であり、食用のアナツバメの巣の採取場所として有名です。洞窟の内部では、おびただしい数のコウモリが生息するなど、暗くて湿度の高い条件下で繁殖する生態系が特徴です。過酷な環境にもかかわらず、ゴマントンはツバメの巣を求める人やエコツアーなど、多くの人が訪れる場所でもあります。

「スクラップ&ビルド」から「維持・管理」へ、将来の危険をレーザースキャナーで調査

建設: アイセイ株式会社
日本中が好景気に沸いた1964年の東京オリンピック。新幹線をはじめ現在の日本の基礎となるインフラが整備されたのはこの頃です。それから約50年。コンクリートを中心とした構造物の中には、寿命が尽きて取り壊され、新たに建造されたものが多くあります。ほんの数年前までは、建設業界はこのような「スクラップ&ビルド」の時代でした。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x