ニュース

FARO®、AEC業界向けの革新的な3Dソリューションのリリースを発表

INTERGEO 2019にてFARO Indoor Mobile ScannerとAs-Built™ Modelerを展示

フロリダ州、レイク・メアリー、2019917建設BIM分野において世界で最も信頼性の高い 3次元イメージングソリューションを提供するFARO® (NASDAQ:FARO)は、今週、ドイツ、シュトゥットガルトで行われているINTERGEO 2019 (展示ホール3、ブースB3.008)にて、AECプロフェッショナル向けに特別に開発された革新的な3Dソリューション一式をプレビュー展示しています。これらのソリューションは、2019年第4四半期に正式発表され、その後、見積対応・発送される予定です。

これらのソリューションの最新情報については、www.faro.comをご覧下さい。

FARO Indoor Mobile Scanner

様々な業界に渡り、3Dレーザースキャナーを随所で目にするようになっていますが、より効率の良いスキャニングプロセスとデータ処理を求めるニーズは増加の一途をたどっています。従来、このようなニーズは様々なモバイルマッピングソリューションで対応されてきました。しかしながら、このようなソリューションは一般的に、精度とデータ忠実性に限界があります。

FARO Indoor Mobile Scanningソリューションは、同等エリアに対し、従来の固定式のポイント取得による測量よりも、最大7倍速いキネマティック3Dスキャンを実現します。よって、数日かかっていたプロジェクトが数時間で完了できます。さらに、このモバイルスキャナーは標準機能として固定スキャン機能も含むので、リアルタイムで高品質スキャンモードに切り替えるだけで、モバイルスキャンデータとのシームレスな統合が可能です。

Indoor Mobile Scannerソリューションは主要テクノロジーと組み合わせることができます。その中には、協調して操作できる機能が最適化されたFAROの特許取得済みFocus Laser Scanner技術が含まれます。Focus Laser ScannerまたはScanPlan™製品をお使いのユーザーは、インドアモバイルスキャニングソリューションに簡単にアップグレードでき、元の製品への投資を損なうことはありません。

FARO As-Built™ Modeler

FARO As-Built Modelerソフトウェアにより、AECプロフェッショナルは、現在業界で最もスムーズな「Scan to BIM」ワークフローを活用できます。As-Built Modelerは、ビルや施設、インフラ設計段階でAEC担当者の主要業務である、既設構造物の3Dデジタルドキュメント作成に必要な労力と時間を最低限に抑えられるように設計されています。

 

この包括的かつ革新的なプラットフォームにより、現在手動で行う必要のある数多くの面倒な処理ステップを自動化します。強力なツールにより、CADソフトウェアに関係なく、どんなCADシステムにも直接インポートできるCADオブジェクトを簡単に作成できるので、AEC業界におけるFAROユーザーはモデリングワークフローを劇的に簡素化できます。

「FAROは、現実世界と仮想世界を繋ぐ役割を担い、AEC業界のデジタルへの移行において、顧客をサポートすることに専心しています」と、建設BIM部門バイスプレジデントのAndreas Gersterは述べています。「私たちが価値の高いソリューションを提供し続けることで、AECプロフェッショナルが十分な情報に基づいた意思決定を実現でき、生産性を向上してムダを削減できるようにサポート致します。」

 

 

本プレスリリースには、1995年米民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)に定義されている将来予測に関する記述が含まれる。当社の成長、当社製品への需要や顧客からの信頼、および当社の製品開発や製品発売などに関する将来予想についての記述にはリスクや不確実な要因が含まれる。事実に基づいていない記述や、当社の計画、方針、予測、期待、前提、戦略や目標に関する記述は、将来予測に関する記述である。さらに、将来を表す言葉や同様の表現、あるいは当社の計画に関する考察も、将来予測に関する記述であると見なされる。将来予測に関する記述は、将来の業績を保証するものではなく、さまざまな既知および未知なるリスク、不確実性、その他の要因により、実際の結果、業績や実績が予想とは異なる場合がある。将来予測に関する本記述を過度に信頼することは控えてほしい。

これらの将来予測に関する記述と、実際の結果が異なる要因としては、下記事項が含まれるが、これらに限定されるものではない。

  • 新製品あるいは改良品、プロセスや新技術の投入などによる、当社製品の競争性の変化。
  • 新製品の開発や既存製品の強化により、当社が自社の技術的メリットを維持することができなくなった。
  • 当社業界、当社が営業活動を行う国内外の経済、その他の一般経済、市場や金融状況が縮小、あるいはその他の悪影響を受けた、または改善の見込みがない。
  • パートI、項目1Aに詳細に述べられているその他のリスク、および2018年12月31日締めの会計年度のフォーム10-Kに記載のリスク要因。

本リリースに記載の将来予測に関する記述は、本リリース発表時の当社の判断に基づくものである。新たな情報、将来の出来事あるいはその他の出来事の結果にかかわらず、法律により義務付けられていない限り、当社はいかなる将来予測に関する記述を更新する義務を一切負わないものとする。

 

About FARO

世界で最も信頼性の高い3次元測定とイメージングソリューションを提供するFAROは、次のようなバーチカルマーケットに向けたコンピュータ支援型ポータブル3次元測定器やイメージング、およびソフトウェアの開発・販売を行う企業です。

  • 3Dマニュファクチャリング – 製造・品質保証工程における部品や複雑な形状の高精度3次元測定、イメージングやCAD比較検査
  • 建設・BIM – 既設構造物や建設プロジェクト、工場の3Dデータを取得し、複雑な構造物を3Dデジタルドキュメント化することで、品質管理、プランニングや保全を実施
  • v公共の安全と科学捜査 – 衝突現場、犯罪現場や火災現場の調査のために現場の現状データを取得・分析、安全活動の計画、公共の安全担当者へのバーチャルリアリティートレーニングを実施

  • 3Dデザイン – 製品開発、コンピュータグラフィック、歯科・医療用途での設計における、対象物の形状や周辺環境のデータ取得やデータ編集
  • フォトニクス – ガルバノメーターベースのレーザー製品・ソリューションの開発、販売

 

FAROは、アメリカ、フロリダ州レイクメリーに本社があります。また、ドイツのシュトゥットガルトに欧州本社、 シンガポールにアジア太平洋本部を置いています。アメリカ、 カナダ、 メキシコ、 ブラジル、 ドイツ、 イギリス、 フランス、 スペイン、 イタリア、 ポーランド、 トルコ、 オランダ、 スイス、 インド、 中国、 マレーシア、 タイ、 韓国、日本とオーストラリアに支社を置いています。

www.faro.com/jp

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x