FARO Laser Tracker

ポータブルで大型部品測定が可能な、高精度3次元測定器。

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定。

VantageE:最大35mまでの短距離~中距離測定。

FaroArm
 

FARO® Laser Tracker 導入事例

さまざまな導入事例により、お客様がFAROのソリューションをビジネスにどう活用しているかをご紹介します。企業が直面している課題を解決するためにどのようなソリューションを選択し、投資回収や効率向上にどう取り組んでいるか、ご覧いただけます。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

宇宙の観測研究に欠かせない 高い組立精度を実現するFARO Laser Tracker

機械加工:株式会社西村製作所
望遠鏡は外気に触れ、過酷な環境下で使用するため、環境変化の度合いを考えて製作しています。また、それをいかに精度よく組み立てるかが重要で、そのためにもっとも大切なことは測定です。

航空機アセンブリにおける精度管理を徹底

航空宇宙: Tianjin TQM Feiyue Aviation Equipment Technology Co., Ltd.
レーザートラッカーは、航空機アセンブリ治具の検査に使用され、通常、製造ラインの一部に導入されています。治具の構成パーツが製造された時点で、それらを組み立て、航空機アセンブリを行う治具となります。

最新測定技術により精密機器の研究をサポート Harbin Institute of Technologyは、FAROソリュー ションを科学研究・教育分野に適用

教育:Harbin Institute of Technology
2007年、研究やカリキュラムへのニーズの増大に対処するため、慎重な評価の末、大学は、センターのためにFARO Laser TrackerとFaroArmの導入を決めました。「FARO Laser Trackerを最も頻繁に使用しています」と言うのは、精密機器HITセンターの研究所長である、Wang Jun氏です。

アカウントのご登録

This site uses cookies (including third party cookies). Some of these cookies are essential to make our site work properly and others are non-essential but help us to improve the site, including language and location settings and site analytics. You can read more about how we use cookies and how to configure or disable them on our site. By continuing to browse this site you agree to our use of cookies. x