fbpx

FARO® Forensic ScanArm ソリューション

法医人類学と鑑識のための高解像度、非接触式3Dスキャン

FARO<sup>®</sup> Forensic ScanArm ソリューション
 

FARO Forensic ScanArm 用途

Forensic ScanArmは、法医学的証拠と遺物の3Dデジタルドキュメントデータの収集と作成に最適なソリューションです。全ての法医人類学者や鑑識、そして検視官が、Forensic ScanArmソリューションを使うことで、時間短縮や高精度といった利益を得ることができます。

法医人類学
法医学的証拠や遺物は小さく壊れやすいことが多々あります。非接触式で触れることのないスキャンにより、迅速、正確かつ安全に証拠の3Dデジタルドキュメント化が可能です。

科捜研
実況見分や指導のために証拠の3Dデータを収集、デジタルドキュメントを作成し、最終的に3Dプリントします。

検察医と検視
法医学的証拠収集の時間は限られています。Forensic ScanArmソリューションにより、検察医と検視官は骨への外傷を迅速に3Dデジタルドキュメント化できます。データは後で分析可能で、復顔による犠牲者特定や最終的な犯罪解決に役立ちます。

復顔
Geomagic Freeform®ソフトウェアと組み合わせると、Forensic ScanArmソリューションにより、犠牲者を特定するための復顔とモデリング化が可能になります。

証拠のデジタルアーカイビング
事件によっては解決までに数年かかることもあり、また、上訴を行った結果、あるいは新たな証拠が見つかったことで捜査が再開される場合もあります。スキャンデータにより、永久かつ正確な3Dデジタル保存を可能にし、また、そのデータに基づき、測定や分析は数日後あるいは数十年後でも実施可能です。

3Dプリントによる証拠複製
法廷に実物の遺物や標本を持ち運ぶことは、現実的に不可能、法的に問題がある、妥当ではない、あるいは倫理的に問題があるなどの場合が多々あります。説得力のある実況見分をするため、Forensic ScanArmソリューションで生成されたスキャンデータはメッシュ化され、3Dプリントできます。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x