FARO® ScanPlan™

FARO® ScanPlan™は軽量のハンディマッパーです。公共の安全とセキュリティに関わる専門家が防災計画、脅威評価、または犯罪・火災調査のための2D見取り図を迅速かつ簡単にデータ取得・視覚化できます。FARO ScanPlanは、現状の2Dデジタルドキュメントの作成によって、さらにAECプロフェッショナルをサポートし、最適なスキャン作業の計画を確実にし、作業労力の推定や見積りの基礎となります。

FARO<sup>®</sup> ScanPlan™
 

FARO® ScanPlan™ の主な用途

用途

公共の安全と科学捜査のための用途

脅威評価 – 正確な建物内見取り図をデータ取得し、特定の実際の建物内に関連する脅威の信憑性と重度を特定します。

事故防止計画 – 火災やその他の事故において、人命損失や家屋崩壊を軽減するための重要な判断材料情報を取得します。

事前予防 – 建物内をむらなくドキュメント化し、効率の良い予防計画を立てるための必要な計測値や写真を全て収集します。

ハイプロファイルイベント – 正確な寸法、避難計画、セキュリティカメラの位置や建物内全体の写真を含む、詳細な事故防止およびセキュリティ計画を作成します。

放火&爆発捜査 – 完全な暗闇の中でも、火災後の建物内で迅速に建物内の証拠をドキュメント化・保存し、捜査官が危険な化学物質にさらされる危険性を減らします。

犯罪現場捜査&再現 – 犯罪が起こった建物内の完全な見取り図など、犯罪現場での実例証拠をデータ取得・保存します。

 

AECプロフェッショナルのための用途

現状の2Dドキュメント化 -プロジェクト評価、概念設計、施設や不動産の管理、書類作成やプレゼン資料に使用可能な2D見取り図のデータ取得により、 建設現場やビルをデジタルドキュメント化します。

作業計画のスキャン – 現場の状況を迅速にデジタルドキュメント化し、スキャン作業の規模、レーザースキャンが必要な回数、最適なスキャナー設置位置に関する情報を直ちに受け取ることが可能です。情報は、より効率よく作業労力の推定や見積りに使うことができます。

 

作業計画のスキャン / 現状の2Dドキュメント化

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x