• 絞り込み:

3Dレーザースキャニングを使い、地下鉄トンネルの非破壊試験を実現

測量:Shanghai Geotechnical Investigations & Design Institute Co., Ltd
地下鉄に関連する他の建設プロジェクトや、もともとの地質学上の条件や建設資材の経年変化などの要因により地下鉄トンネルは劣化しやすいため、完成後もモニタリングとメンテナンスが必要です。漏水やヒビなどのよくある問題が発生する可能性があり、ひどいケースではコンクリートの剥離もありえます。トンネル崩落のリスクを下げるため、地下鉄トンネルに問題がないか定期的にチェックし、欠陥が発見された時点で迅速に対応しなければなりません。

アカウントのご登録
パスワードの再設定