fbpx

建築、建設

建築、建設
建築、建設
建築、建設

建築家、建設技術者、および請負業者にとって、効果的な計画はあらゆる建設プロジェクトにおいて非常に重要です。初期設計から最終検査までのすべての段階にわたる3Dデジタルドキュメント化は、コストのかかる再作業を回避する上で役立ちます。

建築実務、建設会社、工務店など、あらゆる建築・建設関連業務において、3Dモデリングおよび既設構造物のデジタル化に対しFAROの3Dレーザースキャナーが採用されています。そうしたプロジェクトは、シンプルな住宅建設から都市部の再開発、新事務所の建設にわたっています。低層建築物から高層ビルまで、FAROは最適なポータブル3Dソリューションをお届けします。

三井住友建設が点群データから橋桁断面寸法の自動検測
FAROレーザースキャナーで施工管理を効率化

建設:三井住友建設株式会社
「そこでFocusS 350の軸を90°横向きにして計測する方法を思いつきました。重力センサーをオフにすることで、横向きでも問題なく計測できます。小型・軽量のFocusS 350ならではの使い方ですね」と三井住友建設 技術本部構造技術部土木構造技術グループ主任の高岡怜氏は説明します。

FAROのレーザースキャニング技術でサービスを向上させるエンジニアリング測量企業

AEC – 建設: Theotech Projects Services
FARO® FocusS Laser Scannerは、複雑な対象物や建築の正確な測定をすばやく、簡単に取得できる超軽量機器です。1秒間に約976,000の点を範囲誤差±1mmという正確さで取得できるFocusSは、ディテールに富んだ正確な点群データをすばやく、簡単に収集する方法を実現します。

3Dレーザースキャナーで新築・改修工事の生産性を向上
竹中工務店の点群データ活用事例

建設: 竹中工務店
「この現場を計測する場合、これまでなら3~4人がかりで約1カ月はかかっていたでしょう。それがFocus3Dなら、現地での計測作業を2人で約2週間で終えることができました」(染谷氏)。

FAROは次のステージへ。従来型の建設会社のための新しいコンピテンシー を実現します

建設・土木:舜元建設本社(中国・上海)
プロジェクトのオーナーは、レーザースキャナーを使って現場の点群モデルを作ってほしいと言ってきました。そうすれば、リノベーションプロセスでBIM技術を活用し、電気機械の配管やあき高などが最適化できるからです。

アカウントのご登録
パスワードの再設定

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x