資産と施設の管理のためのデジタルツインテクノロジー

スマートファクトリーの運営や将来のシナリオをシミュレーションするためのリアルタイムデータの取得
未来の施設は、品質と効率を最適化し、生産時間を劇的に短縮するために、生産を継続的に監視し、調整する技術を持って、自ら考えるようになるでしょう。エンジニアは、FAROの技術で開発された施設のデジタルツインでこれらの調整をテストできます。

デジタルツインソフトウェアによる卓越した生産性

競争力を維持し、拡大する消費者の需要に応えるために、明日のスマートファクトリーは、生産要件のリアルタイムの変化に対応する機械を備えています。スマートファクトリーの主要コンポーネントはデジタルツインです。これは、施設の包括的な3Dデジタルレプリカです。デジタルツインは、FARO 3Dレーザースキャニングソリューションで取得された現況の施設データと、FARO 3Dメトロジーデバイスで生産現場で収集された精密な計測データから構成されています。

 

デジタルツインの活用

施設とオペレーションの管理者は、混合型またはバーチャルリアリティ(VR)のガラスを使用してデジタルツインと対話でき、工場の現場で何が起こっているのか、どのような生産調整が可能なのかを正確に表示します。デジタルツインを使用することで、品質と安全性の問題を即座に特定し、機械の能力、材料の在庫、ワークフローを監視し、必要に応じて変更を加えることができます。工場現場の機械をプログラムして、変更を行うタイミングを把握できます。インダストリー4.0の導入が進む中、デジタルツインは、新しいパラメータや設計のバリエーションを非常に高い精度でテストしたり、シミュレーションしたりして、それらを現実の世界に適用できるようにするためのツールとして、非常に貴重な存在となるでしょう。

ソリューション

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム・オンサイトレジストレーション、自動オブジェクト認識、スキャンレジストレーション、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

BuildIT Metrologyソフトウェア

製造工程における、あらゆる寸法検証を確実に管理します。

Focus Swift

最小限の時間と労力で、大規模な現況キャプチャをするための初の完全統合型室内モバイルマッピングソリューションです。

FARO® WebShare Software

FARO Sphereのコラボレーションを実現する、リアリティデータビュアーとデジタルツインプラットフォーム。

どのソリューションが施設管理のニーズに適しているか迷っているお客様

エキスパートにお問い合わせください