FARO® Zone 3D Software

2D/3D図面、分析、アニメーション、ビデオを使用した、印象的なビジュアル

インシデントが発生した場合、調査官と法医学の専門家は事実を確立し、ケースを克明に文書化する必要があります。 このプロセスは、 墜落事故の再現、犯罪および火災の調査、および 法廷でのプレゼンテーションの作成に不可欠です。新しいFARO Zone 2024アップデートの一部であるFARO Zone 3D ProおよびZone 3D Expertを使用することで、イベントの正確な分析を簡単に実行し、正確な2Dおよび3Dダイアグラム、説得力のあるアニメーション、法廷で対応のレポートなどの詳細なビジュアルを作成することが可能になります。

この調査ソフトウェアの最新バージョンにとって重要なのは、Zone 3D Proが点群データをインポートできることです。また、Zone 3D Expertの場合、FAROの新しい写真測量エンジンであるFotoPointsは、あらゆるソースから写真をインポートして点群に変換する機能を備えているため、サードパーティのソフトウェアが不要になります。さらに、MassZone衝突予測機能の導入により、膨大な衝突データを入力することなく、正確な衝突シナリオを自動的に再現します。

Zone 3D ProとZone 3D Expert Softwareは、Zoneの最もデータに依存しないバージョンであり、市場で最も包括的な現場の文書化ソフトウェアをさらに優れたものにしています。

今すぐ試す
  • 価値
  • 性能
  • 主な特徴
  • 使用例

FARO Zone 3Dソフトウェアのビジネス価値

説得力のあるプレゼンテーションを作成

3Dウォークスルーやフライスルーは2D図面よりもはるかに説得力があり、陪審員や捜査官、その他の視聴者が現場の空間的理解を得るのに役立ちます。

正確な図を生成

事前に描画されたモデル、証拠プラカード、寸法、ポーズをとった遺体、写真やレポートへのリンクを使用して、衝突、犯罪、または火災現場のすべての詳細を正確に表す2Dおよび3Dダイアグラムを作成します。 フォトリアリスティックなシーンには、複数の光源、高解像度のマテリアルテクスチャ、霧、雨、雪が表示されます。

即座に衝突を動画化

ポイントベースの精度により、衝突動画と現場での計測値を正確に一致させることができます。車輪の回転や固定、車のドアの開閉、トレーラーの連結、爆発、煙、火災などの高度なエフェクトを含めることができます。

ゾーン3Dエキスパートのシーンを完全に分析する

弾丸の軌跡と血液飛散パターン分析のための独立して検証されたツールを使用して、自信を持って現場を分析することができます。Zone 3D Expert内の衝突解析ツールは、受け入れられている式を適用して、クラッシュ解析を実行し、スキッドマーク、臨界速度ヨー、運動量などから速度を計算します。

写真または動画から平行投影画像を生成

実世界のスケール、高解像度、現場のトップダウン画像を使用して2Dで作業し、衝突や犯罪報告書用の2D図面を迅速かつ簡単に測定、注釈付け、および作成することができます。携帯電話、ドローン、またはその他のカメラで撮影した動画映像を使用して、ZoneのFotoPointsで点群を生成し、現場に最初に到着した人がモバイル機器ですばやく動画を撮影できるようにします。

衝突、衝突経路、損傷の予測

既存のアニメーションをMassZoneシステムに追加して、結果をMassZoneの予測アニメーションと比較しながら、さまざまな衝突タイプの「仮説」を迅速かつ簡単に作成することができます。

Data Agnostic Compatibility

Bring in measurements from manual methods, drone photos, satellite maps, data from total stations, and data from laser scanners, even if they’re made by different manufacturers. Open diagrams from CAD Zone, ARAS, and other standard CAD formats.

Ease of Use

Features an intuitive user interface with constant feedback, helpful how-to videos, comprehensive documentation, integrated workflow guides and free instructor-led, online training.

FARO Zone 3Dの性能

最先端の3D調査・捜査ソフトウェアプラットフォーム

FARO Zone 3D Proは、公共安全の専門家向けの革新的なソフトウェアアプリケーションであり、捜査官が2D環境と3D環境の間を流動的に移動できるようにし、インシデント再構築分析の品質を向上させる最初のソフトウェアアプリケーションです。 法医学捜査官のために、Zone 3D Proは法廷の成果物を作成するために点群データを使用する機能を提供します。 手動測定、航空写真、レーザースキャン、またはトータルステーションデータをインポートして、2Dおよび3Dシーンダイアグラムをすばやく作成します。

1つのソフトウェアですべてを実現

FARO Zone 3D Expert には、レーザースキャナーやドローンの点群を使用する機能など、Zone 3D Pro のすべての機能に加えて、写真を点群に変換し、目撃者の視点を決定し、非常にリアルなアニメーションを作成し、その結果をバーチャルリアリティ環境で共有する機能が含まれています。 法廷に備えることは、このソフトウェアの最もデータに依存しないバージョンでは、決して簡単に行えることではありませんでした。

FARO Zone 3Dの特徴

 

FARO Zone 3D ProおよびFARO Zone 3D Expertの特徴

点群機能

ゾーン3D Proとゾーン3Dエキスパートは、レーザースキャナから点群データを.ptsで、また、E57 フォーマット、FARO SCENE プロジェクトから直接、および .las ファイル形式のドローンからインポートすることが可能です。

データに依存しない互換性

CAD ゾーン、ARAS、およびその他の標準 CAD 形式からダイアグラムを開きます。 手動による測定値、ドローンの写真、衛星地図、トータルステーションからのデータ、レーザースキャナーからのデータなど、たとえそれらが異なるメーカーによって作られたものであっても、持ち込みます。

バックミラーとバックアップカメラ

車両のサイドミラー(左右)とバックミラー(中央)を配置、位置決め、調整して、Zoneアニメーションや衝突予測において実際のミラーをシシミュレーションすることができます。Zoneのミラーには、点群データを含む現場内のすべてが表示されます。

Billboard注釈ツール

Billboardツールを使用すると、3D図面や点群の主要な要素にすばやく注釈を付け、識別することができます。選択したオブジェクト、テキスト、シンボル、モデルは、常にカメラの方向に向いた支柱上に瞬時に表示され、どの視点からでも常に見ることができます。

点を損失することなく従来の点群を直接インポート

従来の点群データ(e57、las、pts)をインポートし、lsproj/SCENE点群タイプに変換します。これまで従来の点群では、最大1億5,000万点までしかインポートできず、ギャップ埋め、照明、その他の高度な点群設定はサポートされていませんでした。lsprojファイルであるため、従来のソースファイルから直接インポートしても点の損失はなく、Zoneのすべての点群表示機能が利用できるようになります。

プロジェクトのデータからレポートリストを生成

ワンクリックで、現在のプロジェクトで利用可能なすべてのレポートのリストが生成されます。

360°パノラマアニメーション

「Effective Reality」(VR機器不要)をツールとして使用し、Zoneアニメーションを360°パノラマアニメーションに変換して、ユーザーが上下左右などあらゆる方向を見て、Windows Movie & TVプレーヤーで誰とでも共有できるようにします。

用意されている3Dモデル

墜落、犯罪、火災現場向けに、事前に描画された2Dシンボルと3Dモデルの巨大なライブラリにアクセスすることができます。 包括的な 2次元フロアプランまたは建築図を追加します。 ドア、階段、エレベーター、コントロールパネル、危険物などを、あらかじめ描かれたシンボル(NFPA 170や704プラカードなどの受け入れられた火災シンボルなど)で表示します。

正確で迅速な作図

オブジェクトグリップや自動スナップと組み合わせた広範な描画ツールにより、正確な2Dおよび3Dダイアグラムを簡単に作成して正確な測定を行うことができます。

柔軟な起点

ほぼすべてのソースから測定を行い、トータルステーションから手動測定データ、レーザースキャナーやドローンから点群データをインポートします。 EagleView、Google、またはBingの航空写真またはドローンデータを使用して、読みやすいインシデント前および脅威評価図を作成します。

説得力のある3D効果

影、雨、雪、霧、アニメーション化された車両のヘッドライト、ブレーキライト、信号機でリアルなフライスルー、車両と人間のアニメーションを作成します。

直感的なユーザーインターフェイス

絶え間ないフィードバック、役立つハウツービデオ、包括的なドキュメント、統合されたワークフローガイド、無料のインストラクター主導のオンライントレーニングを備えた直感的なユーザーインターフェイスを備えています。

FARO Zone 3D Expertに特化した機能

1つのソフトウェアですべてを実現

FotoPointsはZone 3D Expert写真測量エンジンで、任意のソースから写真をインポートして点群に変換できるため、サードパーティのソフトウェアが不要になります。

FotoPointsを使用した写真または動画からの平行投影画像

実世界のスケール、高解像度、現場のトップダウン画像を使用して2Dで作業し、衝突や犯罪報告書用の2D図面を迅速かつ簡単に測定、注釈付け、および作成することができます。携帯電話、ドローン、またはその他のカメラで撮影した動画映像を使用して点群を生成し、現場に最初に到着した人がモバイル機器ですばやく動画を撮影できるようにします。

MassZoneによる衝突、衝突経路、損傷の予測

既存のアニメーションをMassZoneシステムに追加して、結果をMassZoneの予測アニメーションと比較しながら、さまざまな衝突タイプの「仮説」を迅速かつ簡単に作成することができます。

現場を完全に解析

弾丸の軌跡と血液飛散パターン分析のための独立して検証されたツールを使用して、自信を持って現場を分析することができます。衝突解析ツールは、受け入れられている式を適用してクラッシュ解析を実行し、スキッドマークから速度を計算し、臨界速度のヨーイングや運動量などを計算します。

優れた作図ツール

現場でキャプチャされた点群からすべての測定値を取得します。 特定のデータポイントにスナップして正確なダイアグラムを作成し、「仮想測量士」モードで選択したポイントをエクスポートし、点群を使用して見事なアニメーションとVRシーンを作成します。

簡単なワークフロー

撤去された車両を事故現場に再現するために、点群を結合して位置合わせするか、点群モデルを使用します。

FARO Zone 2D、FARO Zone 3D Pro、FARO Zone 3D Expert独自の特徴

AIによる衛星画像の車両検出と一掃

AIの機能性を活用して、Google、Bing、または航空写真内の車両の一掃をサポートします。数回クリックするだけで、GoogleまたはBingの衛星画像から不要な車両を削除し、インポートした衛星画像からクリーンな白紙状態の交差点を作成します。

AXONへのアップロード/ダウンロード

ZoneプロジェクトをAXONの安全なクラウドストレージにアップロードおよびダウンロードすると、プロジェクトに簡単にアクセスして共有することができます。

お気に入りワークフローツールバーシステム

カスタムワークフローツールバー(シンボル、モデル、ツール)を作成および改良して、生産性を向上させ、熟達度を維持します。シンボル、モデル、コマンドをお気に入りとして選択すると、すばやくアクセス、再利用、共有できます。保存されたワークフローは、長期間使用しない場合に特に便利です。

最新のDXF/DWGファイルをZoneにインポート

最新バージョンのACAD dxf/dwgファイルをZoneにインポートします。Zoneはほとんどのデータセットで機能します。DWG/DXFファイルは、他のプログラムやデータツールから得られる共通出力です。

一致と複製

選択したオブジェクトのプロパティを図面内の別のオブジェクトに一致させるか複製します。現場内のプロパティとオブジェクトを迅速かつ簡単に複製します。理想的なテキスト/寸法/線種設定を使用して独自の凡例を作成し、プロパティを設定する代わりに一致させることで時間を節約します。

FARO Zone 3Dの使用例

 

犯罪科学分析と事故防止計画

警察業務、火災原因調査、保険請求に役立つ、公共および民間の調査員のために、2Dおよび3D図面を迅速かつ正確に作成します。これらの画像は、事故報告、犯罪現場の調査放火調査に役立ちます。さらに、法廷でのプレゼンテーションでは、視覚的に魅力的な3D動画と完全に没入感のある3D環境で、陪審員や裁判官に犯罪の現場にいるような感覚を与える「CSI効果」を提供します。すべての犯罪科学分析と事故防止計画の使用例を見る >

 
ケーススタディ

シーンを再構築:ソフトウェアソリューションが法廷3Dプレゼンテーションを変革

衝突事故の現場を生き生きと再現し、陪審員に情報を提供するために、最新の衝突現場再現者がどのように高度な3Dイメージング技術を使用しているかをご紹介します。

古い機器を下取りに出しましょう

当社はお客様の古い3Dメトロジー、イメージング、またはリアル化機器またはソフトウェア(ブランド、あらゆる条件)を引き取り、最新のFAROソリューションのご購入に向けてその価値をご利用いただけるようにします。FARO XChangeプログラムにより、アップグレードが簡単になります。

製品の詳細とリソース

技術文書

FARO ゾーン 3D ナレッジベース

ユーザーマニュアルから仕様まで、必要な技術文書をすべて見つけてください。
ウェビナー

法廷での3D技術の活用

レーザースキャナーやその他の3Dテクノロジーをトライアルで使用する方法について説明します。
パンフレット

FARO ゾーンソフトウェア

FARO Zone ソフトウェアソリューションが提供するすべてをご覧ください。
ウェブセミナー

調査のためのレーザースキャンとドローン映像の組み合わせ

レーザースキャナーとドローンを使用してシーンをキャプチャし、データをマージしてシーンの完全な 3D ビューを作成します。
ビデオ

FARO ゾーン3Dのアニメーション

フリースタイルや位置ベースのアニメーションなど、FARO Zone3Dを使用して3Dでアニメーションをすばやく簡単に作成する方法を学びます。

関連製品

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

Freestyle 2ハンディスキャナー

超高速応答のリアルタイムディスプレイで、迅速に写真のような3D現況キャプチャができます。

FARO® Orbis Mobile Laser Scanner

FARO Orbis is the all-in-one mobile laser scanner with integrated static scanning capabilities, powered by FARO FLASH technology.

FARO® Zone 2Dソフトウェア

犯罪科学レポートや建設プロジェクトの正確な図面を作成します。
弁護士や犯罪捜査官は、法廷のプレゼンテーションのための3D作図を大変気に入っています。
James M. Sparks
Louisville Metro Technology
FAROから購入した時、私は技術サポートに本当に満足していました。電話すれば、すぐに誰かと話ができます。
Chad Mills
少年司法省、ケンタッキー州フランクフォート
現場作図の所要時間が短縮され、マッピングの品質が向上しました。
Steven Clark
ミシガン州ポーテッジ市

最近閲覧した製品

FARO Zone 3D ProとZone 3D Expertが法廷でのプレゼンテーションやレポートをどのように支援できるか、ご興味をお持ちいただけましたでしょうか?

無料体験版を申し込む