FARO Zone 3Dソフトウェア

2D/3D図面、分析、アニメーション、ビデオを使用した、印象的なビジュアル

事件が発生した場合、調査官や犯罪科学の専門家は、事実関係を立証し、現場をむらなく文書化しなければなりません。このプロセスは、事故再現、犯罪や火災の調査、法廷でのプレゼンテーションを作成する際に不可欠です。FARO Zone 3Dは、簡単にイベントの正確な分析を行い、精緻な2Dおよび3D図面、説得力のある動画、法廷にすぐ提出可能なレポートなどの詳細なビジュアルを作成できます。最新の製品であるFARO Zone 3D Advancedは、レーザースキャナーやドローンから点群データをインポートできます。どちらも調査機器を使用する際の強力なツールです。

無料でお試しください
  • 価値
  • 性能
  • 主な特徴
  • 使用例

FARO Zone 3Dソフトウェアのビジネス価値

説得力のあるプレゼンテーションを作成

バーチャルリアリティ現場のウォークスルーとフライスルーは、陪審員、捜査官、その他の視聴者が現場を理解するのに役立ちます。

正確な図を生成

2Dと3D作図機能では、交点、壁、ドア、階段などの詳細が表示されます。

即座に衝突を動画化

動画制作はポイントベースの精度を持ち、回転や固定ホイール、トレーラーの連結、煙、火などの高度なエフェクトを含みます。

現場を完全に解析

傾斜、銃弾軌跡、血痕の詳細を分析できます。

FARO Zone 3Dの性能

FARO Zone 3D

最先端の3D調査・捜査ソフトウェアプラットフォーム

FARO Zone 3Dは公衆安全の専門家のための画期的なソフトウェアアプリケーションです。2Dと3Dデジタル環境間のスムーズな移動を可能にした初めてのソフトウェアで、鑑識・調査官が事件の再現をする時に、分析の質を高めます。また、没入型バーチャルリアリティ機能も備えているので、視聴者は犯罪、衝突、火災、セキュリティ対策の現場を今まで以上のレベルで体験できます。
新しいFARO Zone 3D Advanced

点群データで調査・捜査

FARO Zone 3D AdvancedにはFARO Zone 3Dのすべての機能に加え、レーザースキャナーやドローンの点群データを使用する機能が含まれています。科学捜査をする現場を3D点群としてデジタル的に保存し、さまざまな新しいツールを使用して安全なオフィス内で証拠を分析します。バーチャルリアリティ環境でも、目撃者の視点を究明し、非常にリアルな動画を作成し、その結果を共有します。犯罪現場と火災調査技術の最先端です。

FARO Zone 3Dの特徴

 

FARO Zone 3DとFARO Zone 3D Advancedの特徴

正確で迅速な作図

対象物グリップや自動スナップと組み合わせた豊富な作図ツールは、正確な2Dと3D図を簡単に作成して、確かな測定を行うことができます。

用意されている3Dモデル

衝突や犯罪、火災現場用に使える2Dシンボルと3Dモデルを持つ膨大なライブラリにアクセスできます。また、無料オンラインソースから一千万個の追加3Dモデルを簡単にインポートできます。

強力な分析ツール

銃弾軌跡、血痕、車両運動量、危険ヨー速度、スリップ跡に基づく車速、道路プロファイル、衝突車両などの総合的な分析を実現します。

柔軟な起点

ほぼ全てのソースから測定し、トータルステーションから手動測定データとレーザースキャナーやドローンから点群データをインポートします。Google®、Bing®、Pictometry®の航空地図を使用して、仮想風景を完成させます。

説得力のある3D効果

影、雨、雪、霧、動きのある車両ヘッドライト、ブレーキライト、信号などを含めた、本物のようなフライスルー、車両と人間の動画を作成します。

直感的なユーザーインターフェイス

常にフィードバックを受け取り、役立つハウツービデオ、包括的なドキュメンテーション、無料のインストラクター主導のオンライントレーニングにアクセスします。

互換性

CAD Zone、ARAS、その他の標準CAD形式の作図を開きます。手動の測定法、衛星地図、トータルステーションからの測定データを取り込めます。

FARO Zone 3D Advanced独自の特徴

点群との互換性

.ptsと.E57形式のレーザースキャナー、FARO SCENEプロジェクト1(直接)、ドローンの.lasファイル形式など複数の点群形式を開きます。

オールインワン分析

FARO Focus レーザースキャナー で取得したスキャンデータを登録し、すべての作業を1つのソフトウェアアプリケーションで実行できます。

優れた作図ツール

点群からすべての測定値を取得し、特定の基準点にスナップして作図を行い、選択したポイントを「仮想調査」モードでエクスポートし、点群を使用して見事な動画やVRシーンを作成します。

簡単なワークフロー

撤去された車両を事故現場に再現するために、点群を結合して位置合わせするか、点群モデルを使用します。

写真のようにリアルな結果

複数の光源、成長する草、石、レンガ、木材、金属、水など、改良された素材テクスチャーを使い、信じられないほど素晴らしい3Dデジタル環境を作成します。

カスタムVRシナリオトレーニング

スキャンで取得した現場を刺激的なVRシナリオトレーニングに変えます。写真や測定値、証拠の収集、DNAサンプルの採取など、犯罪科学が解明するVR現場に夢中になります。

FARO Zone 3Dの使用例

 

犯罪科学分析と事故防止計画

警察業務、火災原因調査、保険請求に役立つ、公共および民間の調査員のために、2Dおよび3D図面を迅速かつ正確に作成します。これらの画像は、事故報告、犯罪現場の調査放火調査に役立ちます。さらに、法廷でのプレゼンテーションでは、視覚的に魅力的な3D動画と完全に没入感のある3D環境で、陪審員や裁判官に犯罪の現場にいるような感覚を与える「CSI効果」を提供します。すべての犯罪科学分析と事故防止計画の使用例を見る >

 
ケーススタディ

シーンを再構築:ソフトウェアソリューションが法廷3Dプレゼンテーションを変革

エキスパートクラッシュ再構築士は、FAROの3Dソフトウェアを使用して、陪審員に全体像を示します。

古い機器を下取りに出しましょう

当社はお客様の古い3Dメトロジー、イメージング、またはリアル化機器またはソフトウェア(ブランド、あらゆる条件)を引き取り、最新のFAROソリューションのご購入に向けてその価値をご利用いただけるようにします。FARO XChangeプログラムにより、アップグレードが簡単になります。

製品の詳細とリソース

技術文書

FARO ゾーン 3D ナレッジベース

ユーザーマニュアルから仕様まで、必要な技術文書をすべて見つけてください。
ウェビナー

法廷での3D技術の活用

レーザースキャナーやその他の3Dテクノロジーをトライアルで使用する方法について説明します。
パンフレット

FARO ゾーンソフトウェア

FARO Zone ソフトウェアソリューションが提供するすべてをご覧ください。
ウェブセミナー

調査のためのレーザースキャンとドローン映像の組み合わせ

レーザースキャナーとドローンを使用してシーンをキャプチャし、データをマージしてシーンの完全な 3D ビューを作成します。
ビデオ

FARO ゾーン3Dのアニメーション

フリースタイルや位置ベースのアニメーションなど、FARO Zone3Dを使用して3Dでアニメーションをすばやく簡単に作成する方法を学びます。

関連製品

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

Freestyle 2ハンディスキャナー

超高速応答のリアルタイムディスプレイで、迅速に写真のような3D現況キャプチャができます。

ScanPlanTM2Dハンディマッパー

建物の中を歩くのと同じ速さで、建物の竣工完了時の2D図面を正確に取得します。

FARO® Zone 2Dソフトウェア

犯罪科学レポートや建設プロジェクトの正確な図面を作成します。
弁護士や犯罪捜査官は、法廷のプレゼンテーションのための3D作図を大変気に入っています。
James M. Sparks
Louisville Metro Technology
FAROから購入した時、私は技術サポートに本当に満足していました。電話すれば、すぐに誰かと話ができます。
Chad Mills
少年司法省、ケンタッキー州フランクフォート
現場作図の所要時間が短縮され、マッピングの品質が向上しました。
Steven Clark
ミシガン州ポーテッジ市

最近閲覧した製品

FARO Zone 3Dが法廷でのプレゼンテーションやレポートにどのように役立つかについて確認する準備はできましたか?

無料でお試しください。