HoloBuilderソフトウェア

360°現実取得技術を活用した世界有数の建設進捗管理プラットフォーム
プロジェクトをスケジュール通り、予算通りに進めるためには、建設の進捗状況管理が不可欠です。従来のドキュメンテーション方法では特に困難です。HoloBuilder建設進捗度管理ソフトウェアは、プロジェクト、シート、時間ごとに自動的に整理された360°写真の記録を提供します。これにより、建設現場の進捗状況を把握するための、最も効率的かつ効果的で強力な方法をユーザーに提供します。建設現場のバーチャル版を使って、いつでもどこからでもオンラインで現場を360°見ることができます。いつでも、どこでも、必要なときに、建設現場の写真資料に確実にアクセス可能です。HoloBuilderソフトウェアは、建設の進捗状況をより効率的かつ効果的に把握するための360°現実取得ソリューションです。

詳細はHoloBuilder.comをご覧ください。
  • 価値
  • 性能
  • 特長
  • 用途
  • セキュリティとコンプライアンス

HoloBuilderソフトウェアのビジネス価値

コスト削減

従来の方法と比較して、建設現場の写真による記録を最大80%高速化することで、時間とコストを節約できます。360°の体験により、複数の建設現場をバーチャルで見学することで、生産性を向上し、移動時間の短縮できます。過去の写真資料にアクセスしてプロジェクトの進捗状況を確認することが可能です。また、どのような据え付けが行われたかを確認することで、再作業を減らせます(壁を開けて内部を確認する必要はありません)。

スケジュールの改善

複数のチームメンバーが遠隔で進捗状況を確認するため、遅れに気づくことができます。これにより、スケジュールの遅れを早期に把握し、スケジュールの時間管理を強化できます。また、バーチャルで建設現場レビューを行うことで、検査官による実際の建設現場の訪問とのスケジュールの重複を避け、検査の遅れを減らすことができます。

契約の獲得

プロジェクトに入札する際のプレゼンテーションを改善したり、360°現実取得で記録した過去のプロジェクトをオーナーに説明できます。最先端の建設進捗管理技術で他社との差別化を図り、進捗管理に対する革新的なアプローチを示します。また、遠隔地の進捗状況を確認し透明性を高めることで、関係者の信頼を維持できます。

安全性の向上

バーチャルでの訪問を可能にすることで、実際に建設現場に出向く必要性を減らし、物理的な作業を必要としない現場の人数を減らすことができます。わかりやすく、没入型の360°現実取得による安全説明を作成できます。これにより、チームは、非常口や立ち入り禁止区域など、建設現場に到着したときの様子を知ることができます。チームメンバーに安全リスクについてのトレーニングを行う際に、建設現場の写真資料でバーチャルで例を示すことができます。

建設進捗度追跡のための先進的ソフトウェア

 

建設進捗度管理ソフトウェアであるHoloBuilderは、現場チームが360°の現場カメラで建設現場の進捗状況を取得します。これにより、オーナー、VDCチーム、建築家、請負業者などの主要な関係者が遠隔地から現場にアクセスし、どこからでも現場にいるかのように現在の状態や過去の進捗状況を確認できます。

建設SaaSプラットフォームは、ワークフローを改善し、コラボレーションを促進し、透明性を高めます。全員が同じ情報や視点を共有できます。簡単でわかりやすい建設進捗度管理プロセスにより、プロジェクトの進捗状況を完全に記録します。保存された情報には、必要なときにいつでも安全にアクセスできます。議論の必要性を排除し、混乱を減らし、信頼と協力を高めることで、時間とお金を節約できます。

 

HoloBuilderソフトウェアの特徴

高速&簡単な進捗管理

圧倒的な速さと測定精度で建設の進捗を記録できます。必要なのは、最新のモバイルデバイスに接続された360°の現場カメラだけです。内蔵された拡張現実技術は、建設現場の歩いた場所を追跡し、重要な場所で写真を撮影します。これにより、建設の進捗状況を確実に記録できます。

モバイルパンチリスト項目の作成

モバイルアプリでは、注目すべき観測地点を写真にマークしたり、カテゴリ分けしたり、細部を撮影するために2D写真を追加するなど、建設現場を歩きながら様々な作業が可能です。結果を安全な建設SaaSクラウドにアップロードすることで、チーム全員がすぐにアクセスすることが可能です。

2D写真の取得&管理

手元に工事用の360°カメラがない場合は、携帯端末で2D写真を撮影してシートに添付することが可能です。360°写真と同じように、複数の2D写真を1つの場所に追加すれば、もう整理に悩む必要はありません。

現場と事務所のつながり

重要な場所に取得ポイントを設置し、チームが後で取得できるようにします。これにより、建設前の段階ですべての進捗状況の文書化を計画することが可能です。現場にいるチームのモバイルデバイスに通知を送り、建設現場の写真記録の更新を要求することで、移動時間を大幅に短縮します。

進捗状況の対照比較

現場の同じ場所を長期にわたり一定して記録することで、施工写真のバージョン履歴を作成します。これにより、異なる時点別に並べて分割表示し、比較できます。

BIMモデルと進捗状況の比較

BIMレンダリング画像をアップロードし、建設進捗の写真と並べて比較することで、設計調整や品質管理の向上が図れます。モデルを現場に持ち込んで、オンラインでもオフラインでも、必要なときにいつでも見ることができます。

強力な関係者向けレポートの作成

強力な引継ぎパッケージを、関係者が広く利用し、信頼できるフォーマットであるPDFファイルとして作成します。インターネットに接続できない場合も、独自のオフラインクライアントを使って、建設現場写真資料のオフライン版をダウンロードできます。

プロジェクト管理の一元化

建設進捗管理プラットフォーム上のすべてのプロジェクトを、1つのダッシュボードで全社的に管理できます。数回クリックするだけで、あらゆるプロジェクトやチームを監督し、プロジェクトの進捗状況を最高レベルで確認できます。

権限ベースの情報アクセス

関係者と情報やデータを共有する際には、必要最小限の人にだけ知らせるために、適切な権限を設定して安全にアクセスできるようにします。企業レベルの管理者は、プロジェクトの特定の機能を有効にしたり、組織全体のブランディングプロジェクトを可能にしたり、新規ユーザーの一括招待などを行うことができます。

進捗状況に対する洞察&分析

現在進行中のプロジェクトの分析結果をモニタリングし、建設現場での進捗状況を把握することで、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。プロジェクトの状況や進行中のすべての活動について、どのような作業が行われたかをリアルタイムで確認できます。

建物のライフサイクル全体における360°現実取得

竣工書類

既製の360°カメラと、撮影プロセスを管理し写真をシートに自動マッピングするモバイルアプリを接続することで、建設現場の現況を最も効率的かつ効果的に撮影できます。このワークフローは、既存のリソースのトレーニングをほとんど必要としません。そのため、迅速かつ容易、拡張性があり、ほぼすべての種類と規模のプロジェクト要件を満たします。

進捗状況と課題の管理

進捗状況を一度に把握し、すべての関係者が閲覧または共同作業できます。建設現場を遠隔で検査・検証し、支払いの解除や紛争の解決を行います。建設活動の完全な履歴にどこからでもタイムリーにアクセスして、建設現場の進捗状況を把握して分析できます。議論の必要性を排除し、混乱を減らし、信頼と協力を高めることで、時間とお金を節約できます。

操作とメンテナンス

360°現実取得で資産を確認、管理することで、バーチャルでのより優れた操作が可能になり、進捗状況を完全に記録できます。360°の環境で要素をマークアップすることで、資産の日常業務に支障をきたすことなく、仕事の調整やプロジェクトの計画をバーチャルで行うことができます。業者との調整を行い、スケジュールと比較して進捗状況を把握します。設備を長期的に記録することで、その状況を監視し、デジタルツインに対応するプロセスを確立します。

HoloBuilderソフトウェアのセキュリティ&コンプライアンス

SOC 2® Type I準拠

当社は、セキュリティ、可用性、機密性を重視しており、米国公認会計士協会(AICPA)の認証を受けたSOC 2® Type I基準に準拠した管理を実施しています。SOC 2®についての詳細は、AICPA.ORGをご覧ください。

ローカルサーバーオプション

当社のサービスは、米国と欧州連合のサーバーで提供されています。お客様は、自分達のデータをどこに置くかを選択できます。建設の進捗状況を追跡するデータを欧州連合内で保存し、一般データ保護規則(GDPR)の重要な規定を満たすことが、かつてないほど容易になりました。

高度なセキュリティ機能

当社のサービスは、セキュリティとコンプライアンスを重視して構築されています。OAuth 2.0によるシングルサインオン(SSO)、Active Directoryの同期、ユーザープロビジョニング& 管理など、多くの先進的なセキュリティ機能により、管理者は拡張性、機動性、協調性に優れたガバナンスプランを構築できます。

より強力なセキュリティを提供する統合

お客様のチームは、信頼できる認証プロバイダーを使用して、当社の建設進捗管理プラットフォームにサインインできます。Autodesk、Procore、Bluebeam、Google、Appleなど、クラス最高のSSOプロバイダーとの統合により、お客様の建設進捗データへのシームレスで安全なアクセスを実現します。

本物の建設現場を360°で見る

進捗状況を360°で表示・管理するハブがあれば、建設進捗管理データに全く新しい体験とレベルの高い分析データを得ることができます。以下の実例をご覧ください。

建設の進捗管理のための3つの強力な360°現実取得ワークフロー:進捗状況の取得、進捗状況ビュー、進捗状況コントロール

進捗状況の取得

建設現場の進捗状況をできるだけ効率的かつ効果的に記録します。工事用の360°カメラに接続された当社のモバイルアプリは、プロジェクト、シート、時間ごとに自動的に整理された360°写真と2D写真を使ったワークフローで、建設現場の状況を楽に取得できるようにガイドします。

進捗状況の表示

いつでもどこでも、360°フルに建設現場を見ることができます。360°現実取得のデータは、すぐに利用できます。いつでも、どこでも、必要なときに、建設現場の写真資料に確実にアクセス可能です。

進捗状況の管理

360°現実取得による施工データとBIMモデルのレンダリング画像を並べて比較することが可能です。これにより、過去の進捗状況やスケジュールを確認し、建設プロジェクトが計画通りに進んでいることを確認できます。観察結果をマークアップしたり、360°現実取得データを分類したりして、作業を調整します。
Faro HoloBuilder
プレスリリース

FAROとHoloBuilderが手を組んだストーリー

HoloBuilderがFARO Technologiesの技術を取り入れた経緯をご覧ください。イノベーションを重視し、お客様とセキュリティを大事にすることで、共に成長する準備ができています!

すべての関係者のための単一のプラットフォーム

ゼネコン

関係者に建設現場の状況を説明する手間を省くことができます。バーチャル版への適切なリモートアクセス権限や強力な引き継ぎパッケージを提供することで、現場の現実を自分の目で確認できるようにします。

オーナー

状況が頻繁に更新されるため、すべての資産とプロジェクトの最新情報を入手できます。プロジェクトをリモートで表示することにより、現場に出向く必要がないため移動時間と費用を節約できます。すべての関係者の足並みを揃え、プロジェクトを成功させます。

専門工事業者

実施した作業を文書化し、できるだけ早く支払いが受けられるようにします。すべての条件が適切に記録されていることの確認が、かつてないほど簡単になりました。死角がないということは、給料未払いの労働と「さよなら」できるということです。

エンジニアリング会社

計画と進捗状況を明確に伝えることで、すべての関係者に情報を提供し、共通認識を持つようにします。顧客に建設現場のバーチャル版を見せ、プロジェクトを順番に説明し、プロジェクトの計画から完成までガイドします。
HoloBuilderは、他の方法では多くの時間、経験、労力を必要とする包括的な分析データの取得を、まるでプロジェクト全体を常にポケットに入れて持ち運んでいるように行うことが可能です。これにより、すべてのコミュニケーションを改善するのに非常に役立つことが証明されています。
ケイスケ・ハギワラ
鹿島建設
HoloBuilderは、設計と施工監理、プロジェクト計画、バーチャルサイトの存在、資産管理、運用と保守など、様々なプロジェクトのニーズに柔軟に対応できる強力なソフトウェアプログラムです。
アリソン・ヤニテス
Arcadis North America
以前は写真を撮影していましたが、HoloBuilderでは進捗状況を取得しています。
アシュリー・ドーソン
Kier Group

製品の詳細とリソース

技術文書

ガイド:建設用360°カメラ

詳細なレビューやおすすめのアドオンなどが掲載されている詳細なカメラガイドが利用できます。お客様の工事写真の記録に適した360°カメラを見つけてください。
ウェビナー

360°カメラとレーザースキャナーを一緒に活用

レーザースキャニング、建設現場写真に関する業界のベストプラクティスやワークフローについて、3Dや360°の業界をリードする方々からすべてを学ぶことができます。
導入事例

露出を増やし、関係性を高め、意識を向上させた鹿島建設

日本最大級の建設会社である鹿島建設は、360°現実取得を試験的に導入しました。これにより、建設現場での写真記録関連のプロセスを改善することに成功し、現在では30以上のプロジェクトの建設進捗度管理に活用しています。
ビデオ

建設進捗度追跡に関する説明

HoloBuilderは、安全な建設SaaSクラウド環境で360°現実取得を実現した、最も速く簡単な建設写真ドキュメンテーションソフトウェアです。それを可能にした理由は、主要なコンポーネントとワークフローにあります。

関連製品

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

Freestyle 2ハンディスキャナー

超高速応答のリアルタイムディスプレイで、迅速に写真のような3D現況キャプチャができます。

WebShare

データの取得元に関係なく、どこでも、リアルタイムで正確な3D現況データを安全に共有、評価するのに適しています。

最近閲覧した製品

360°現実取得を使った建設の進捗管理について興味がありますか?

詳細はHoloBuilder.comをご覧ください。