造船

厳しい製造条件において精密な組立が要求される、造船業界で使用する部品や海軍技術は、確実に適合させるためにデザイン仕様に対して検証が行われます。

造船中に船のパーツや部品を迅速かつ正確に検査する、FARO® Laser Trackerのようなポータブル3次元測定器は船自体に直接部品を取り付ける際に使用できます。船体や既存の状況を3Dでキャプチャする、FAROの3Dレーザースキャニングソリューションにより、修復や復元の際の3Dデジタルドキュメント化が簡単に行えます。

FAROにより、海洋測量企業がタンカー貨物倉の正確な計測を実現

造船:Intertek Testing Services Korea Ltd.
FARO Focus3Dへの導入以来、Intertekは、過去に直面していたいくつかの困難な課題を克服できました。例えば、旧式タンカーに関しては、顧客が設計図面を持っていないことがよくあります。FARO Focus3Dがあれば、迅速かつ簡単に船舶のさまざまな部分を正確に計測でき、トータルステーションでは困難な丸い曲線部分でもデータ取得できます。現在、Intertekは、造船所において、主に新規造船プロジェクトと既存船舶の貨物倉容量計測のために、FARO Focus3Dを使用しています。

船体の隠れた部分もスキャン 豪華客船を3次元計測

造船:SCAN3D Dienstleistungsgesellschaft mbH
時は金なり - これは造船業における基本的なモットーですが、修理や設備の近代化作業においては特に重要です。ドックでの作業は非常にコストがかかります。そのため船の3Dデジタルドキュメント化は、高速に確実に行われることが求められます。このような状況において、FAROレーザースキャナーの活用は有効な方法と言えます。

レーザースキャナーによる曲がり外板の工作精度評価システムの研究開発

造船: 住友重機械マリンエンジニアリング株式会社
ヨーロッパでは古来より船を女性にたとえ、英語の代名詞では”She”を使うこともあります。その理由は諸説ありますが、船の持つ丸い曲線、優美な船体の形状は、確かに女性的に見えます。その形状を形作っているのが、「曲がり外板」と呼ばれる鋼板です。

バラスト水処理装置の設置に向けて、動き始める船舶業界 ファローレーザースキャナーで測定作業を大幅に短縮

造船: 株式会社三和ドック
バラスト水処理装置の設置にあたり、3Dレーザースキャナーを使った新しい設計手法が、日本海事協会支援による共同研究「3次元レーザースキャナー有効利用研究会」において検討されています。

アカウントのご登録

当サイトではクッキー(Cookie)を使用しております(第三者のクッキーを含む)。当サイトをより便利にご利用いただくためのものです。また、より使いやすいウェブサイトの実現を目的とした言語や位置のセッティングやサイト分析などを含むクッキーもございます。当社クッキーの使用方法や構成方法やサイト上で無効にする方法に関する詳細について詳しく読むことができます。当ウェブサイトをご利用いただくことで、このサイトを閲覧する事で、お客様がクッキーの使用に同意したものといたします。 x