造船

厳しい製造条件において精密な組立が要求される、造船業界で使用する部品や海軍技術は、確実に適合させるためにデザイン仕様に対して検証が行われます。

造船中に船のパーツや部品を迅速かつ正確に検査する、FARO® Laser Trackerのようなポータブル3次元測定器は船自体に直接部品を取り付ける際に使用できます。船体や既存の状況を3Dでキャプチャする、FAROの3Dレーザースキャニングソリューションにより、修復や復元の際の3Dデジタルドキュメント化が簡単に行えます。

船体の隠れた部分もスキャン 豪華客船を3次元計測

造船:SCAN3D Dienstleistungsgesellschaft mbH
時は金なり - これは造船業における基本的なモットーですが、修理や設備の近代化作業においては特に重要です。ドックでの作業は非常にコストがかかります。そのため船の3Dデジタルドキュメント化は、高速に確実に行われることが求められます。このような状況において、FAROレーザースキャナーの活用は有効な方法と言えます。

レーザースキャナーによる曲がり外板の工作精度評価システムの研究開発

造船: 住友重機械マリンエンジニアリング株式会社
ヨーロッパでは古来より船を女性にたとえ、英語の代名詞では”She”を使うこともあります。その理由は諸説ありますが、船の持つ丸い曲線、優美な船体の形状は、確かに女性的に見えます。その形状を形作っているのが、「曲がり外板」と呼ばれる鋼板です。

バラスト水処理装置の設置に向けて、動き始める船舶業界 ファローレーザースキャナーで測定作業を大幅に短縮

造船: 株式会社三和ドック
バラスト水処理装置の設置にあたり、3Dレーザースキャナーを使った新しい設計手法が、日本海事協会支援による共同研究「3次元レーザースキャナー有効利用研究会」において検討されています。

FAROレーザートラッカーで工期半減とより高い精度を実現 ― Self Levelling Metal Machines社

造船、精密機械加工サービス: Self Levelling Metal Machines
高度な工学と技術は多くの場合、あらゆる種類の工業発展を支える主要な原動力です。特に精密工学技術は、現在に至るまで常に、製造業における複雑な製造工程に欠かせないものとなっています。そういった精密工学産業を支えている会社の1つに、Self Levelling Machines (SLM)グローバルネットワークの一員であるSelf Levelling Metal Machines Pte Ltd (SLMM)があります。

アカウントのご登録