• 絞り込み:

FARO 3Dスキャニングソリューションによって、建設および建築物モデリングのワークフローを改善

近年、建設業界において、既設構造物の現状をデジタル化するために、正確かつ高速で信頼性のある技術として3Dレーザースキャニングが多くの分野で使用されるようになりました。

建設業界の競争が激しくなり、建設プロジェクトは絶えずスケジュールの短縮が求められ、設計や建設の専門家たちは、より高速に、より安価にビルやインフラを建設するために新技術を取り入れる必要が出てきました。そのため、建設会社は一般的なプロジェクトライフサイクルにおける建設および評価プロセスの一環としてレーザースキャニングのメリットを認識するようになりました。3Dレーザースキャニングは、このような状況で必要なデータをすべてキャプチャーするための最適なソリューションです。3Dレーザースキャニングの主な用途には、既設構造物のデジタルドキュメント化やBIMモデリング、2次元の設計図の作成、立面の垂直度や床面の平面度の検査などがあります。このような作業は、従来の手法では時間と労力がかかり、精度も低かったのですが、FARO 3Dデジタルドキュメント化ソリューションによって、より高速かつ経済的に行えるようになりました。

当オンラインセミナーでは、建築、エンジニアリングと建設(AEC)業界のさまざまな重要な業務において、現状をキャプチャーし、最終成果物を作成するための最新の3Dスキャニング技術について詳しく説明します。これには、平面図や断面図、立面図などの資料の作成、構造物の垂直度と床面平面度の検査、および3Dデジタルドキュメント化が含まれます。また当セミナーでは、Autodesk Revitでのレーザースキャンからの3D BIMモデルの作成についても詳しく説明します。

このオンラインセミナーではさまざまな実際の事例を使用し、実際のワークフローをご紹介します。多くの場合、従来の手法と比較して、作業時間やコストを大幅に削減できます。このセミナーでは、スキャンから、AutoCadなどの設計専門ソフトウェアで使用できる最終成果物まで、総合的なソリューションをご案内します。ここで紹介するワークフローは高速かつ正確で、簡単に使用できます。これはCADソフトウェアに詳しくないユーザーにとって重要なことです。このセミナーは、建設業界、設計部門、および建築関係のマネージャやエンジニアを対象にしています。

是非オンラインセミナーに参加し、建設プロセスや建物の品質改善において、FAROの統合ソリューションがいかに使いやすくシンプルであるかをご覧ください。

トピック

  • 建設業界の主な課題
  • 既設構造物のデジタルドキュメント化における3Dレーザースキャニングソリューションの利点
  • 3Dレーザースキャナーを使って、建築構造をスキャンし、点群データを取得する方法
  • 3Dスキャンから2次元の図面/3D建築物モデリングまでの詳細な手順
  • 建設業界における3つの一般的な用途
    • 2次元の竣工図 – 高速で正確なドキュメンテーションソリューション
    • 垂直度および床面平面度の検査 – 高速で使いやすい評価ソリューション
    • 3D建築物モデリング – 点群データから3D建築物モデリングの作成、AutoCad Revitなどの一般的な設計ソフトウェア向けの最終成果物の作成
  • 建設業界における導入事例

アカウントのご登録
パスワードの再設定