世界で最も信頼性の高い3次元測定とイメージング・リアル化技術を提供

FARO®はポータブル3次元測定器と3Dレーザースキャナーを開発・販売。お客様の測定に関する問題を解決します。

FAROの技術により、生産や品質保証のプロセスにおいて、高精度な3次元測定、3Dデジタルドキュメント化、パーツや機械部品のCAD比較などが可能となります。測定器は検査、アセンブリ、生産企画、広範囲の空間や構造物の3Dデジタルドキュメント化などに使用されます。 FAROの3次元測定技術により、企業は効率を最大限に伸ばし、プロセスを改善できます。

FARO製品を検索する

新しいFARO FocusS シリーズ:フォーカスが広がる-計測の概念を超えて

FAROは、最新のFocusS 150とFocusS 350レーザースキャナーのリリースを発表しました。FocusSシリーズは、コンパクトで軽量かつ直感的な操作が可能なレーザースキャナーの最新製品です。 このFocusSシリーズは、市場の中で最も将来性を考えたレーザースキャナーで、IP54規格に準拠、スキャン精度と計測距離の向上、内蔵アクセサリべイ、オンサイト補正機能の搭載など、ユーザーにとって重要な機能が装備されています。

FocusSシリーズは、建築、エンジニアリング、公共の安全や科学捜査などのさまざま業界でのあらゆる用途に対して、より高度なレーザースキャンが可能です。

詳細はこちら

品質検査とファクトリーオートメーションのための 高解像度アレイイメージャー

FAROのCobalt Array Imager製品ラインに、9メガピクセルの高解像度モデルが新たに加わりました。新しい9MPモデルは、プレス加工品や刻印パーツなどの、エッジや表面の微細なディテールや特徴をスキャンするのに最適です。そこまでの高解像度データが必要ない場合は、5MPモデルが最適といえます。両モデルとも、プロセッサ内蔵、ブルーライトテクノロジー、交換可能なレンズ、ハイ・ダイナミック・レンジと自動露出が特長です。

複数台でイメージャーを使用する場合には、Cobalt Imagerを上限なしで複数台使って、製造工程内に設置することができます。全てのイメージャーを1台のコンピューターで制御し、同時にスキャンが可能です。生産環境内でのインテグレーションに最適なCobaltは、回転テーブル、ロボットや産業用検査セルなどと組み合わせるなど、さまざまな方法で測定が可能です。

Cobalt Array imagerは、短期間での投資回収可能な価格設定となっており、検査サイクルタイムを短縮し、処理量と品質の両方を同時に向上させることが可能です。

詳細はこちら

FARO ソフトウェア

無料体験版ソフトウェアのダウンロード・
お申込みはこちらから。

 

導入事例

FARO製品の導入事例を掲載しています。

→ すべてを見る

 

オンラインセミナー・
アーカイブ

業界別セミナー

→ セミナーをご覧ください