FARO® Scanner Freestyle3D - 効率の高いハンディレーザースキャナー

FARO Freestyle3D は、最高品質の高精度ハンディスキャナーです。室内、構造物や測定対象物に対して、信頼性の高い点群データを素早く取得し、高解像度の3Dデータを生成します。業界随一の高精度で、設備や資産を様々な角度から素早く測定しなければならないあらゆる場面に適しています。

FARO Freestyle3D は、建設現場から製造現場、科学捜査まで幅広い用途でお使いいただけます。ハンディスキャナーのボディは軽量カーボンファイバー製で、1Kgに満たないため、非常に手軽で携帯性に優れています。タブレットPCを使うと、専門の従事者でなくても誰でも直感的に操作できます。

FARO Freestyle3D X - さらに精度が高くなったハンディレーザースキャナー

FARO Scanner Freestyle3D X は最高の精度が必要とされる困難なスキャンプロジェクトのために設計されました。様々な角度から素早く測定しなければならないようなプロジェクトなど、あらゆる場面に適しています。

また、スキャンで取得した3Dデータは、建築、事故現場の再現、土木作業、建設、法医学や製造業で使用される主要なソフトウェアに容易に取り込むことが可能です。

3D点群精度/スキャン精度:1.0mm以下

スキャン容量:最大約8m³

IP規格:IP52

動作温度範囲:0 - 40°C


*0.5mから3mの距離で測定
** 5-防塵 / 2-防水:スキャナーが標準アイドル位置で、センサーが下方向に向いている状態において、水滴に対して防水

FARO Freestyle3D - ハンディで効率よく

FARO Scanner Freestyle3D はプロのためのハンディスキャナーです。測定が迅速で使いやすく、高精度な3次元カラースキャンデータを提供できます。

3Dハンディスキャナーにより、迅速なデータ取得やリアルタイムの視覚化、業界最大規模のスキャンにより、生産性を最大限に向上します。このスキャナーを使うと、点群データ取得時や測定結果処理時も、現場での測定時間が大幅に短縮できます。

3D点群精度/スキャン精度:1.5mm以下

スキャン容量:最大約8m³

IP規格:IP5X

動作温度範囲:0 - 40°C


*0.5mから3mの距離で測定

用途: 建築・エンジニアリング・建設 (AEC)

freestyle_video_aec_big_thumb

用途: 科学捜査

FARO  Freestyle3D

Freestyle3D の動画