橋の整合性や安全性を守るために非常に重要な要件として、橋の建設と図面化の際に、エンジニアはコンクリートやスチール部分の寸法を正確に測定する必要があります。

FARO®レーザートラッカーや3Dレーザースキャナーを使用する事で、土木技術者は迅速かつ簡単に応力・ひずみのモニタリング、既設建造物の正確なCADモデルの作成、施工計画図の作成、ひずみ検査の為の応力計測点の作成などが可能になります。

 業界概要に戻る


関連製品

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら