トンネル・鉱業

Prev
 
Next

金の採掘でも石炭採掘でも、安全性はどの鉱山においても主要な関心事となっています。レーザースキャナーは、あらゆる亀裂や割れ目を識別して記録し、以前のスキャン結果とデータを比較し、また不安のある領域を識別することで、安全な作業環境での採掘を実現する上で大きく貢献しています。

FARO® Focus3Dによって実施される鉱山の継続的な 3Dデジタルドキュメント化により、即座に岩層内のあらゆる変化を検出することで、適切なセキュリティ対策を十分事前に講じることができるため、鉱山の崩壊を防ぐことができます。新たな炭鉱の掘削などの地下の建設工事も、レーザースキャンによる3Dデジタルドキュメント化により簡単かつ安全になっています。

石炭や特定の鉱物の採掘に使用される露天掘りなどでは、立坑も慎重な検査を必要とします。FARO Focus3Dは、岩や原料などのボリューム計算ができるため、鉱山における近代的なツールとして貴重な存在となっています。

 業界概要に戻る

 

掘削、土木業界の測量用途における 3D レーザースキャナーの活用 - 時間と工数の削減および生産性向上を実現

オンラインセミナー

掘削、土木業界の測量用途における
3D レーザースキャナーの活用 -
時間と工数の削減および生産性向上を実現

セミナーの閲覧お申込み



関連製品

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら