風力発電

Prev
 
Next

風力タービンのすべての部品が正確な仕様に組み込まれていることが、タービンのスムーズな設置に不可欠です。一部の部品が大型であることを考慮すると、正確な3Dデータを取得することは困難かつ時間のかかる作業になる場合があります。

FARO® ScanArm®やFAROレーザートラッカーなどのポータブル3次元測定器は、設置場所へ出荷される前のタワー、タービンハブ、動翼の3次元検査に使用でき、設置時に発生するとコストを圧迫する手戻りを解消するのに役立ちます。

 業界概要に戻る

FARO Vantage Measures Turbine Blade

動画


関連製品

FARO Laser Scanner Focus

レーザースキャナーシリーズ- AEC、公共の安全と科学捜査やプロダクトデザインにおける3Dデジタルドキュメント化に最適なスキャナーです

詳細はこちら

FARO Laser Tracker

画期的な生産性と携帯性を実現

VantageS:最大80mまでの短距離~長距離測定

VantageE:最大25mまでの短距離~中距離測定

詳細はこちら