FARO® Focus Swift Indoor Mobile Scanner

高速で簡単、大面積の現況取得
3D竣工書類の取得は、かつては1時間以上のレーザースキャニングが必要でした。しかし、FARO Focus Swift Indoor Mobile Scannerを使用すると、必要な詳細を約10分の1の時間で取得できます。この屋内モバイルマッピングシステムは、より良いデータをより速く提供し、必要ならどんな場所でも最も正確な測定を提供します。

ライブデモをスケジュールする
  • 価値
  • 性能
  • 主な特徴
  • 使用例

Focus Swiftのビジネス価値

再作業と材料の無駄を削減

設計が適合するか否かを知るには、正確なプロジェクトの現況を知る必要があります。また、3Dで定期的且つ頻繁に建設作業の進捗状況を監視することで、追加コストの発生やスケジュールの遅延などの問題を事前に特定することが可能です。

大規模で複雑なプロジェクトを安心して管理

大規模なプロジェクト現場の状況を優れたパーフォーマンスと精度で把握するのがFARO Swiftシステムです。日々の進捗状況を瞬時に知ることができます。

情報に基づいた迅速な意思決定

情報をチームがモバイルで共有することで、よりスマートな意思決定を迅速に行い、問題を早期発見できます。

Focus Swiftの性能

 

初の完全統合型屋内3Dモバイルマッピングシステム

その名前が示すように、Focus Swiftは高速です。測定精度の要件に応じて、この革新的なデバイスは、大規模で複雑な領域のモバイルスキャンを従来の静的スキャンの最大10倍速く行うことできます。このデザインは、FARO Focus Laser ScannerScanPlanTM2Dハンディマッパー、革新的なSCENEソフトウェアの機能を組み合わせて、シームレスで柔軟なデータ取得を実現します。これが、お客様が探していた屋内レーザーマッピングソリューションです。

Focus Swiftの特徴

コンパクトで出張に適したデザイン

軽量なFocus Swiftは必要な場所への持ち運びが便利です。カーボンファイバー製の三脚と三輪車両と共に機内持ち込みサイズの2つのケースに入り、セットアップが簡単です。

ソフトウェアの互換性

FARO As-BuiltTMソフトウェア、BuildIT Constructionソフトウェア、WebShareだけでなく、3D点群機能を備えたCADシステムと統合できます。

直感的で人間工学に基づいたデザイン

快適なハンドルとシンプルなプッシュ操作で簡単に使用できます。

建設現場の準備状況

幅広い動作温度範囲を持ち、ケーブル不要、頑丈なデザインで使いやすいFocus Swift は、建築のあらゆるステージで活用できます。

革新的なオートメーション

手作業による処理工程を除外します。

建築、エンジニアリング、建設(AEC)の使用例


迅速かつ正確な現況取得とモデリング

Focus Swiftは建設現場や施設内にあり、スマートフォンでレーザースキャナーを操作できます。工場、オフィスの建物、病院、小売店など、あらゆる建造物の室内をスキャンして、BIM施設管理を行います。屋内レーザーマッピングが簡単になります。すべての現況取得およびモデリングの使用例を見る >


資産および施設管理のためのデジタルツイン

Focus Swiftを3Dマッピングカメラとして使用し、デジタルツイン技術用の建築データを取得します。デジタルツインは、スマートファクトリの運営、将来の変更、アップグレード、拡張のシミュレーションに役立ちます。すべてのデジタルツインの使用例を見る >

Focus Swift 屋内モバイルスキャナーの洞察

FAROと連携することで、当社の長年の経験から、お客様の業務を最適化するソリューションをお客様に提供しています。現況キャプチャとモデリングに関するすべてのインサイトを、リソースのライブラリで収集しました。

古い機器を下取りに出しましょう

当社はお客様の古い3Dメトロジー、イメージング、またはリアル化機器またはソフトウェア(ブランド、あらゆる条件)を引き取り、最新のFAROソリューションのご購入に向けてその価値をご利用いただけるようにします。FARO XChangeプログラムにより、アップグレードが簡単になります。
見積もりを依頼する

製品の詳細とリソース

技術文書

Swift ナレッジベースをフォーカス

ユーザーマニュアルから仕様まで、必要な技術文書をすべて見つけてください。
ビデオ

FARO フォーカスイフト

この紹介ビデオでは、FocusSwiftのセットアップと使用がいかに簡単であるかを示しています。
論文

フォーカス・スウィフトは、マッピング速度と精度の業界標準を目指す

プレスリリースでは、ビジネス上のメリットについて説明しています。

関連製品

SCENEソフトウェア

リアルタイム・オンサイトレジストレーション、自動オブジェクト認識、スキャンレジストレーション、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

WebShare

データの取得元に関係なく、どこでも、リアルタイムで正確な3D現況データを安全に共有、評価するのに適しています。

ScanPlanTM2Dハンディマッパー

建物の中を歩くのと同じ速さで、建物の竣工完了時の2D図面を正確に取得します。

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。
新しくテストしたSwiftは、高度な高速イメージング技術、革新的なクラウドベースのソフトウェア、直感的なデザインのシームレスな組み合わせです。私の見解では、このデバイスは、手頃な価格で高精度屋内3Dスキャニング技術の業界標準となる可能性を秘めています。
Mark Mitchell
4D Concepts

最近閲覧した製品

Focus Swift Indoor Mobile Scannerがどのようにあなたを助けることができるか確認する準備ができていますか?

デモをリクエスト