FARO® Trek 3D Laser Scanning Integration

Boston Dynamics Spot® Mobile Robotによる自律スキャニングを可能にします
以前は、建設現場の現況キャプチャにレーザースキャナーを使用する唯一の方法は、作業員を専任させることでした。しかし、今ではBoston Dynamics Spot Mobile Robot(四足ロボット)がその任務を代行します。Spotは目的のコースを一度歩くだけで、スキャン作業を記録できます。Spotは継続的な進歩状況のモニタリングと品質チェックを必要に応じて繰り返すことができます。SpotはFARO FocusS レーザースキャナー と連携し、FARO Trek 3Dレーザースキャニング・インテグレーションを利用して自律スキャニングを可能にします。
  • 価値
  • 性能
  • 主な特徴
  • 用途

FARO Trekの事業価値

チームの生産性を維持

自律スキャンを使用すると、ワーカーを解放して、他のより価値のあるタスクを実行できます。

所有者、開発者、テナントへの情報提供

正確な完成品は、利害関係者に進捗状況を最新の状態に保ち、プロジェクト全体で品質保証を提供します。

プログレッシブスキャンを簡単に比較

クイックスキャン比較により、進行領域を一目で特定できます。

建設品質の向上

設計モデルと現況の相違は、簡単に特定して修正することができます。

適切な支払の確認

進捗証明は、完了した作業の正確な支払いを保証します。

正確性と一貫性の確保

毎回同じ場所でデータをキャプチャします。

Trekの性能

 

自律型モバイルスキャニングソリューション

Trek搭載の四足ロボットBoston Dynamics Spot Mobile Robotは、慌ただしく活力に満ちた作業現場を自律的に移動し、非常に正確な点群を取得します。作業は、Spot Autowalkタブレット用ソフトウェアを活用して、現場の目的コースを移動しながら指定されたスキャン場所を記録し、必要に応じてその記録を再生します。Trekは人間が直接制御しなくても障害を回避し、自動化された作業工程を繰り返し実行し、空間的にリンクされたデータセットを経時的に取得します。

Spot Mobile Robotの価格と仕様 >

 

Trekの特徴

完全なキット

トレックには、FARO Focus S レーザースキャナーを装備するために必要なものがすべて含まれています。これには、物理的なマウントやスポットコアのカスタムコードが含まれます。

事前配置スキャン

Spotのセンサーメタデータは、最適化されたクラウドからクラウドへの登録のためのスキャンを正確にあらかじめ配置するために使用されます。

HDR フォトオーバーレイ

Focus HDR機能により、困難な照明状況によってユーザーのスキャン結果を引き出すことはありません。定義済みの HDR プロファイルは、非常に明るい環境または暗い環境で記録される画質を向上させます。

精度と範囲

FARO Focus レーザースキャナーは、最先端のセンサー技術の組み合わせにより、最高の精度と範囲 (最大350m) を提供します。

ユーザ定義の座標系

スキャンをプロジェクトの座標に簡単に揃えます。

建築、エンジニアリング、建設の用途

 

施工管理のための継続的な監視

複数の建設段階で、作業現場の同じ場所・位置をスキャンし、プログレッシブスキャン同士、または設計モデルと簡単に比較できます。多層階の商業ビル、病院、データセンター、エネルギー施設など、大規模な建造物を建設する際に、日々の作業を止めることなく、進捗と測定精度を継続的に監視する最も簡単な方法です。現況キャプチャデータをすばやく共有して、関係者が協力して作業を進行できます。すべての施工管理の用途を見る >

現況キャプチャとモデリング

建設プロジェクトが終了したら、完成した建物の点群や3Dモデルを所有者に竣工書類として提供します。すべての現況キャプチャとモデリングの用途を見る >

資産と施設管理のためのデジタルツイン

最終的な現況キャプチャデータは建造物の耐用年数にわたり施設全体の資産を管理するために使用します。すべての資産と施設管理のためのデジタルツインの用途を見る >

 
ビデオ

ボストンダイナミクススポット移動ロボットのFAROトレックのご紹介

FAROとボストンダイナミクスの自動レーザースキャンのコラボレーションは、独自の利点を持つ革新的なソリューションを生み出しました。

関連製品

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム・オンサイトレジストレーション、自動オブジェクト認識、スキャンレジストレーション、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

WebShare

データの取得元に関係なく、どこでも、リアルタイムで正確な3D現況データを安全に共有、評価するのに適しています。

Focus Swift

最小限の時間と労力で、大規模な現況キャプチャをするための初の完全統合型室内モバイルマッピングソリューションです。

BuildIT Constructionソフトウェア

CADデータと3Dスキャンのリアルタイム比較を可能にする、初の完全統合された品質保証・品質管理ツールです。

最近閲覧した製品

Trekが建設プロジェクトをどのように改善できるかご興味がありますか。

お問い合わせ