ケーススタディ

信頼できるFARO 3Dスキャン技術が都市トンネルのモニタリングを保証

Reliable_FARO_3D_scanning_technology_guarantees_monitoring_of_urban_tunnels_thumb

測量: 南方高鉄

Li Zhongli氏はトンネルの掘削が過剰または不足であることに関して、「掘削の過不足を検測するのは非常に複雑で困難です。計測者は建設作業停止期間のみ現場に入ることができます。安全性と建設の進捗状況を考慮すると、現場に入って作業する時間が非常に短いのです。」と述べています。掘削と初期ライニングの段階では、トンネルの4つの壁は非常に不安定であり、トンネルの天井から岩石が落下する危険性もあります。

 

ケーススタディ
Architecture, Engineering & Construction
As-Builtキャプチャとモデリング
建築、エンジニアリング、建設
3Dスキャナー
Focus
測量と測定
検討

ニュースレターを購読して最新情報を入手してください。

関連コンテンツ