ビルディング・インフォメーション・モデリングのためのAs-Builtキャプチャ

詳細なデジタルマッピングで、自信を持って構築
建築、エンジニアリング、建設(AEC)の専門家が3Dマッピングツールを活用すれば、既存または新築の建物のデザイン/レイアウトを文書化、構築、改修、計画を自信を持って実行できます。FAROはそれを容易に実現するための幅広いソリューションを提供しています。

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)ソフトウェアツール

近年、AECの専門家は商業、政府機関、産業用の建物や施設に3Dデジタルマッピング技術を採用しています。このトレンドの一環として、FAROのハードウェアとソフトウェアのソリューションは、建設プロジェクトのBIM工程に革命をもたらしました。施設の実際の状況を文書化して高層ビルの建築品質を保証する場合でも、将来の改築、改修、増築のための物件の現状を文書化する場合でも、FAROのソリューションを利用すれば、共同作業で、安全かつスケジュール通りにプロジェクトを完了できます。

現況情報を共有ファイルに直接提供することで、建築家、エンジニア、現場技術者が協力して、よりスマートなリアルタイム設計の意思決定を行うことができます。その結果、フローが改善され、コストと時間が削減され、現場の建設作業員や建物を利用する人々や訪問者の安全性が向上しました。
ケーススタディ

情報に基づいたAEC決定のための新しいレーザースキャンソリューション

PCL建設のシティタワーオーランドプロジェクトは、FAROのBIM技術ソリューションで軌道に乗っています。
  • ソリューション
  • リソース

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

As-BuiltTMソフトウェア

CADおよびBIMモデルへの実物キャプチャデータを簡単で正確に、シームレスかつ効率的に評価します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム現場登録、自動オブジェクト認識、スキャン登録、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

BuildIT Constructionソフトウェア

CADデータと3Dスキャンのリアルタイム比較を可能にする、初の完全統合された品質保証・品質管理ツールです。

FARO® WebShare Software

データの取得元に関係なく、どこでも、リアルタイムで正確な3D現実データを安全に共有、評価するのに適しています。
論文

技術でAEC会社を将来的に防止

3Dレーザースキャニングは、BIMと品質および安全性の向上のための建設ワークフローエコシステムにとってますます重要になっています。
ケーススタディ

演劇を再想像する:技術主導の転換:5つの幕の中

アトランタのアライアンス・シアターは、3200万ドルの変革の一環として、仮想テンプレートを採用しています。

ソリューション

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

As-BuiltTMソフトウェア

CADおよびBIMモデルへの実物キャプチャデータを簡単で正確に、シームレスかつ効率的に評価します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム現場登録、自動オブジェクト認識、スキャン登録、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

BuildIT Constructionソフトウェア

CADデータと3Dスキャンのリアルタイム比較を可能にする、初の完全統合された品質保証・品質管理ツールです。

FARO® WebShare Software

データの取得元に関係なく、どこでも、リアルタイムで正確な3D現実データを安全に共有、評価するのに適しています。

どのソリューションが建築プロジェクトに適しているか迷っているお客様

エキスパートにお問い合わせください