事故再現

衝突の科学捜査
FAROの先進的な3Dレーザースキャン技術を用いて、事故の原因となった物理的パラメータを特定します。

正確な事故再現のためのツール

事故再現は捜査の最終結果に相当します。事故現場の要素をリバースエンジニアリングして事故の原因を特定することです。物理学と犯罪科学の観点から事故を分析した結果も含みます。自然環境や天候が悪くなる可能性があり、交通量の多い場所では、現場の状況を迅速に収集することは、安全を確保し、証拠の紛失を防ぎ、閉鎖された道路の経済的損失を軽減するために非常に重要です。

今日の犯罪科学技術は正確に衝突事故を再現するための鍵となります。実際、FAROのレーザースキャンソリューションは、法執行機関や民間の事故再現の専門家達に変革をもたらしています。現場情報の3D点群を作成し、迅速かつ効率的に証拠を収集するこの技術は、すぐにアップロードして、捜査過程において様々なチームメンバー間で共有できます。
ホワイトペーパー

怪我や死亡事故の解決と文書化

テキサス州のハースト警察署のロジャー・R・ライダーは、3Dレーザースキャンの利点について説明しています。
  • ソリューション
  • リソース

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム現場登録、自動オブジェクト認識、スキャン登録、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

FARO Zone 3Dソフトウェア

2D/3D図面、分析、アニメーション、ビデオを使用して、魅力的なビジュアルを生成します。

Freestyle 2ハンディスキャナー

超高速応答のリアルタイムディスプレイを使用して、高速で写真のような3D現況キャプチャができます。
ウェビナー

クラッシュシーンの詳細のキャプチャ

スキッドマークやスカッフマークなど、クラッシュシーンの証拠をキャプチャして操作するための役立つテクニックとベストプラクティスを明らかにします。
ウェビナー

写真から説得力のある2Dおよび3D成果物を作成する

FARO Zone 3D Softwareを使用して、次のプレゼンテーションやケースのために印象的でダイナミックな視覚化を作成します。
ビデオ

FARO Freestyle 2 ハンドヘルドスキャナーで高速で写実的な3Dリアリティキャプチャ

このツールは、比類のないリアルタイム表示で最も限られたスペースや難しいオブジェクトをスキャンするための完全なモビリティを提供します。

ソリューション

Focusレーザースキャナー

複雑な対象物を迅速に、完全かつ正確に測定します。

SCENEソフトウェア

リアルタイム現場登録、自動オブジェクト認識、スキャン登録、ポジショニングを使用して、スキャンデータを処理、管理します。

FARO Zone 3Dソフトウェア

2D/3D図面、分析、アニメーション、ビデオを使用して、魅力的なビジュアルを生成します。

Freestyle 2ハンディスキャナー

超高速応答のリアルタイムディスプレイを使用して、高速で写真のような3D現況キャプチャができます。

どのソリューションが事故再現処理に適しているか迷っているお客様

エキスパートにお問い合わせください