アライメント

アライメントにずれがあると、機械のダウンタイムや、性能が落ちる原因となりますが、レーザートラッカーやアーム型3次元測定器のようなポータブル3次元測定器により、このような問題を軽減することができます。

FARO® Laser Tracker は機械のアライメント、ローラーやプレスのアライメント、治具や据置型3次元測定機のアライメントのようなさまざまな用途に最適です。この正確で迅速な方法により、ダウンタイムを削減し、品質が改善され、機械の動作における歪みやその他の変化に対して適切な傾向分析が可能です。

加工機上でのアライメントといった、より小さいものに対する用途に関しては、FaroArm®のようなポータブル3次元測定器を用いるのが最適です。

大型航空機部品の検証から設備のアライメントまでさまざまな測定にFARO測定器を活用

航空宇宙: 株式会社ナベヤ製作所
航空機部品や治具の測定に加えて、現在では自動車部品や治具の測定、エネルギー関係の大型設備のアライメントやケーシングなどのリバースエンジニアリングも行っています。もう一つはロボットキャリブレーションです。レーザートラッカーは動的測定が可能なため、ロボットの精度確認や指令したところへアームが到達しているか、などロボットの軌跡測定が可能です。

宇宙の観測研究に欠かせない 高い組立精度を実現するFARO Laser Tracker

機械加工:株式会社西村製作所
望遠鏡は外気に触れ、過酷な環境下で使用するため、環境変化の度合いを考えて製作しています。また、それをいかに精度よく組み立てるかが重要で、そのためにもっとも大切なことは測定です。

Alf Engineering、FAROの測定器を使って精度、効率を向上 自動車シャーシメーカーがFaroArm Fusionの導入で顧客満足度を増大

自動車:Alf Engineering Pvt Ltd
Alf Engineeringのザヒーラバードにある工場は、Mahindra & MahindraのSUV、多目的車、軽商用車、ピックアップトラックのシャーシ製造に特化しています。Alf Engineeringの業務運営部長であるDarshan Aher氏はこう述べています。「お客様に最高品質の製品を届けるため、新しい技術を利用すべきだと弊社は考えています。弊社チームはハイドロフォーム成形にも最上位機種の機械を使用し、検査や品質管理にも最新技術を用いた機器を使用しています。」

Unitech Engineers、FAROにより成功に向けて急発進 航空・防衛コンポーネントメーカーがFAROの最新測定器を採用

防衛、航空宇宙:Unitech Engineers
2004年に設立され、インドのハイデラーバードに拠点を置くUnitech Engineersは、防衛産業向けのミサイル部品の主要CNC精密部品メーカーです。防衛ミサイルの電子装置や機械のハウジングの金型の製造以外に、Unitechは、航空・機械産業に従事するクライアントのために、ミサイルや重要システム部品のアセンブリを行っています。Unitechはメインの施設で航空・防衛産業関連メーカー向き事業に専念していますが、複合材料市場に特化しているユニットもあります。

ウェブサイトを更新しました。

以前ご登録いただいた方も、改めてごご登録をお願いします